2017年08月20日

暑いので室内

PK1N6274_.jpg
(PENTAX K-1/Super-Multi-Coated Macro-Takumar 100mm F4  撮影者:部長)
次回の薔薇迷写真部は8月26日(土)夜7時から・・暑いので、当軟弱写真部では熱中症対策のため、お題は室内でマニュアル操作やら、照明を駆使して何かを撮ってみるです。
何でも良いから、自分の持ち物を綺麗に撮ってみたい!とか、陰影つけて変顔撮りたいとか何でもOKです。
基本はマニュアル操作の出来るカメラがよろしいでしょう・・一人だけトイデジで照明撮影に挑戦していただきますが、何もできないフルオート撮影は、スマホのごときです。
今回は、撮影者の意図がはっきり出る回なので、興味のある方は是非!


つづき
posted by 薔薇と迷宮友の会 at 02:06| Comment(0) | 告知

2017年07月03日

夜の福山市街 徘徊

DSC01576.JPG
(SONY α7U/Super-Multi-Coated Takumar 24mm F3.5/撮影者:部長)
今回は、夜中の福山市街徘徊でありました。
とは言いましても、実は土曜日は夜市がありまして、人がわんさかいるわけです。
なんですが、あえて人のいない方向へ・・
まぁ人の多いところで、でかいカメラを振り回すというのも迷惑極まりないので、少し歩くことに。

MF__9737.jpg
(PENTAX K-5U/SMC PENTAX-DA 50mm F1.8/撮影者:N.Dさん)
大黒町であります。ここで、はっとなりましたが、お年寄りが歩いているルートにオーブ?が・・
当部初の心霊現象といいますか、記念すべき心霊写真のようなものに歓喜であります。

DSC01875.JPG
(SONY DSC HX 90V/撮影者:N.Oさん)
薔薇の街福山らしく、薔薇の花も咲いておりました。
配色としても日の丸構図で、モロにフラッシュ写真と分かるのもなかなか粋な感じであります。


つづき
posted by 薔薇と迷宮友の会 at 02:31| Comment(0) | 活動報告

2017年06月24日

M42マウント

SDQH0515.jpg
(SIGMA SD Quattro H/FUJINON 55mm F1.8)
個人的にですが、マウントといえばM42マウントが好きです。
理由は簡単なことですが、これを持っていれば、だいたい物が撮れることと、ほとんどのマウントに付いてしまうことです。
いわゆるマウントアダプターなる物があれば、何にでもつくのであり、そういう面では一番苦労しないマウントということです。
あと一番沢山出しているのがPENTAXというか旭光学で、基本的に小型です。金属製なので軽量とも言えないかもしれませんが、わりと小さなバッグに沢山レンズが入ります。
というわけで、スポーツ写真を撮るでもない自分からすれば、一番使いやすいマウントで、更にはフィルムというか、撮像素子を自由に選べる上に、苦労もしないマウントがこれということになります。
マニュアルフォーカスで、ピントが滑らかに動くので、動画撮影にも使いやすいです。
欠点は、色がすぐに剥げることです。
大切に使っても、スクリューマウントなので、ネジの部分が使えば嫌でも剥げてしまいます。
ずっと使うつもりなので、それはそれでかまわないのですが・・
あと、金属製が多く、高級感はあるのですが、大きさの割にずっしりときます。
沢山バッグに入れると、かなり重くなってしまいます。
古いので、当然今のレンズより写りは落ちるのが多いです。
ただ、単焦点レンズを使う分には、ズームレンズよりは良く映る事が多いです。

PK1N6058.jpg
(PENTAX K-1/RELIANCE 300mm F5.6)
これは、いらんものが入っていますね・・すいません、仕事の移動中にちょろっと撮るだけなので、そのあたりは大雑把でありますが、滅多に使わない望遠レンズとなります。
RELIANCE 300mm F5.6とはマイナーなレンズですが、設計に無理が無く軽いです・・取柄はそれだけですが、使い物にならないレベルでもないです。色収差酷いですが・・
TマウントにM42マウントが付いてるので、Kマウント化も出来そうなレンズです。
とはいえ、このままのほうが楽ではあります。

K_1R4309.jpg
(PENTAX K-1/CHINON 500mm F8 ミラーレンズ)
これもTマウントにM42の構成です。
これは一本で5〜6本分持っている気分になる重量級です・・よほどに気合がなければ持ち歩けませんが、お気に入りの一本です。
ミラーレンズなので、とりあえず解像しません。
しかし、諧調が独特で、手放せません。

つづき
posted by 薔薇と迷宮友の会 at 20:09| Comment(0) | 部長の独り言

2017年06月19日

夜の福山市街

DSC01610.JPG
(SONY α7U/Super-Multi-Coated Macro-Takumar 100mm F4)
7月1日土曜日なんですが、薔薇迷写真部「夜の福山市街」を行います。
一応なんですが、仕事後の食事がてら、少しばかり撮影しております。

つづき
posted by 薔薇と迷宮友の会 at 21:21| Comment(0) | 告知

2017年06月07日

まったく気が付いていませんでしたが、チェキが人気らしいですね

チェキ.jpg
何年か前から、デジカメというものに飽きてしまい、趣味というものを失ってから、これでは運動不足になってしまうし、外に出る理由も無くなってしまうと嘆いてから、当写真部を行うことにした中村ですが、スマホも持たない自分が何故デジカメに飽きてしまったのだろうと悶々と思う日々だったのですが、少し前の新聞記事に”チェキ”が人気というものを見つけ、それを思うに「なるほどなぁ」と妄想した次第です。
逆にデジカメはと言えば、人気は実際に衰退の一途のようで、当部を開いた時の文句である「下火の今こそカメラ炸裂」という文句もそこから来ているものです。
とはいえ、スマホや携帯のカメラ機能もカメラだし防犯カメラも車載カメラもカメラであります。

ここで言いうのは、写真文化としてのカメラの価値ということになるのでしょう。その中の中心に来るのが、現在はスマホなのでしょうが、そもそもSNSという空間にそれほど興味があるわけでもなく、スマホの利用は見送り続けています。
理由の一つですが、安易に写真を撮って、それの承認を簡単に得るというシステムが、自分自身のいわゆる創作意欲を下げてしまうという理由が一つあります。もちろん承認にはいくつかのルールがあるのですが、日本人では特に顕著である、”いいね!”を他人に与えることで、そのお返しとして”いいね!”という承認をもらう方式が、承認そのものに対する意識を強く持つのであるとするならば、己の平均化にも繋がり、トータルで自分の性格を考えればマイナスと見ているからに他なりません。

ぼく自身は、基本、散歩してブログにアップが基本であり、他愛もない写真がほとんどだと思います。目的は、ストレスの発散なのでそうなのでしょうが、あまりにも完成しない、ぼくの作家としての作品”アニメーション”等を制作するストレスから、出力の速い写真でそれを疑似的に発散して気を紛らわすということが原点です。
デジカメに関して言えば、とにかく出力が速いというのが特徴ですし、それを長く待つ必要はないですし、プレビューならば、すぐに見れるのです。
それ、そのものの特徴は2010年前後で停滞したのでありますし、ここから劇的な写真というものの変化は見られないのが現状で、そこでメーカーはより見た目の高スペックなものを出したり、新たな価値を見出したいマニアは、写真そものもには深く関係しないはずの等倍鑑賞やベンチマーク等で、そこの価値を重視する傾向が強くなってきているようにも思えます。
当然ながら、それを必要とするならば、センサーの画素数だけではなく、巨大なレンズが必要となり、同じ焦点距離でも、より大きなレンズで、高いベンチマークを記す事が必要になりました。
実際には過去のレンズでも十分でありますし、それによって”意味”をもった写真というものの価値は変わらないだろうというのが本質的にはあると思います。ただ、メーカーとしては今の方向性で行くならば、高性能なもので撮影したものが評価されなければ商業として成り立たないために、おそらく新機種で撮影したものが評価されやすい世の中になっているのではないかと思われます。どうこう言いながらメーカーは複合的に色々なメーカーと関わりあっていますし、それらが評価をする上でのスポンサーであることも多いからでしょうが・・

結果としてですが、そういうマニアックな方向性について行く人は多くはなくなり、一般評価としては現時点ではスマホの圧勝ということでしょう。
現代という時代を見れば、スマホですら突然価値を失うことはありうると思えます。ぼくは、SNSをつまらないと感じるわけですが、つまるところSNSに支えられているのがスマホの写真文化なわけです。

そろそろもっと重要な事を書こうと思いますが、スマホも含めて、デジカメで何かを撮影するようになってから、自分自身の写真がほとんど存在していないことに気が付きました。
写真データはあるのだから、いつでもプリントできると言いつつ、データはハードディスクのどこに行ってしまったのか、過去のどのパソコンの中なのか・・「まぁいいや、撮るのはすぐなのだし、何枚も撮れるのだから一枚は重要ではない」そうなってから久しい気がします。
思い出を綺麗に残そうとかが、デジタル一眼の売り文句でしたが、思い出は何も残っていなくて、日々流れてくる情報のなかで流されて、あったのかどうかも分からない空虚さ・・
そもそも、ぼく自身写真を作品として見ていないために、それのデータも存在するのかしないのか分かりません。
アルバムを見ても、デジタルプリントの写真は一枚も存在しません。
もちろん、プリントは何度もしたことがありますが、正直つまらないものに感じます・・既に分かっている結果でもありますし、更に言えば、デジカメの画質はモニター向けであって、光っているディスプレーで見るときが良いのであって、あまり紙媒体に向いていないのではないか?というギラギラ感があります。
出た時は、そういうのも、一種の化学調味料のような刺激や中毒性があったのでしょうが、ぼく自身が疲れてしまったのでしょう。

そこで、チェキを想像すると、一枚だけ平面のフィルムというか紙というか、そこに焼きだされた絵が出てきます。
インスタントフィルムの特徴ですが、本物の写真は一枚しか出ないのだから、他者に対するリアルな関係性も重要になってくると思います。SNSのように皆にばら撒くというものと本質的に異なるということです。もちろん、スキャンしてネットにアップは出来るでしょうが、本物ではないということです。
これを何枚か撮ると、ぼくは必ず写真を残すでしょう。
何枚も撮れないのだから、作品写真を撮らないぼくとしては、ある種の自分の存在の証拠を意識的に残そうとするでしょう。
アルバムに残された写真というのは、そもそもそういった意味合いのものが多い気がします。
まぁ、今は忙しいですし、買うか買わないかは五分五分でしょうが・・

カメラの性能そのものを追い続けるならば、”チェキ”というのは他愛もないものでしょうが、そもそも自分にとっての写真の価値は何だったのだろうか?と思った次第です。


使用フィルム富士フイルム インスタントカラーフィルム instax mini (別売)
フィルムサイズ86mm×54mm
画面サイズ62mm×46mm
レンズ沈胴式フジノンレンズ2群2枚 f=60mm 1:12.7 電動式
ファインダー実像式ファインダー0.37倍 ターゲットマーク付き 接写モード用視差補正機能付き
撮影範囲電動3点切り替え(接写モード0.3m〜0.6m/標準モード0.6m〜3.0m/遠景モード3.0m〜∞)
シャッタープログラム式電子シャッター 1.8〜1/400秒
2シャッターボタン(縦位置/横位置)
接写モード 自動固定絞り F22
バルブモード 開放時間 最大10秒
露光調節自動調整 連動範囲 LV5.0〜15.5(ISO 800)
濃淡コントロール ±2/3EV、+1EV
フラッシュ低輝度自動発光(輝度補正機能付き)/強制発光モード(輝度補正機能付き)/発光禁止モード/赤目軽減モード
液晶表示フィルムカウンター(残数表示式)/撮影モード/フラッシュ制御モード/濃淡コントロール/セルフタイマーモード(1枚/2枚連写)
電源リチウムイオン電池 NP-45AまたはNP-45S/撮影可能パック数 約10パック(当社試験条件による)
同梱品ショルダーストラップ、保証書、撮影ガイド、充電式バッテリーNP-45AまたはNP-45S(リチウムイオンタイプ)、バッテリーチャージャーBC-45C
本体外形寸法113mm×92mm×57mm
本体質量296g(バッテリー、ショルダーストラップ、三角カン、フィルム別)

余計な知識を覚えたからスペックを見て思うのですが、フィルムそのものが写真になるわけで、中判フォーマットということになるのでしょうかね?
レンズは2群2枚か・・iso800固定
posted by 薔薇と迷宮友の会 at 14:24| Comment(0) | 部長の独り言