2018年04月08日

安くて良いレンズ? TAMRON 17A

K_1P7102.JPG
(SD Quattro HにTAMRON 35-70mm F3.5 CF MACRO[17A])
今年に入ってから病気で入院してしまい、活動もしておりませんでした・・申し訳ありません・・
春になりましたし、そろそろ活動でもと考えまして、準備も兼ねて体力作りに励んでおります。

ところで、レンズ交換式のカメラ(一眼レフ、ミラーレス等)といえば写りに最も影響するものといえばレンズなわけですが、これがけっこう高価です。
では安くて良いものと考える方は多くいるとは思うのですが、写りの良いものと言えばだいたい高いと相場が決まっております。
自分のボディーと言いますと、ペンタックスやらシグマなわけで、レンズそのものは安めではあるのですが、それでも普通に考えて安いというわけでもありません・・あと、最近は撮影そのものをあまりしなくなったので、いよいよ高いものを買うのも気が引けて、主力で使うレンズと言いましても、これ以上更新していくのも何だかなぁ・・という感じになってきました。
で、最近のキレッキレのレンズなんですが、ばっちりピントがどこに決まっているのかも分かるようになってきました・・ボディーの高画素化とも関係があります。
というわけで、高画素ということですが、うちで一番画素ピッチの狭い機種は何かといえばSD Quattro Hです。だぶん・・
少し前は、低画素時代の設計だから、このレンズは、これ以上の画素は解像できないとかよく言われたものですが、そういうデジタルとは無縁の時代に作られたズームレンズではどうなのか?ということで、何年か前に500円で購入したタムロン17Aを使って撮影してみることにしました。
このレンズは、タムロンが80年代に出した、アダプトールUというマウント交換ができるレンズで、各社取り付けが可能というものでした。

SDQH1000.jpg
(SD Quattro H/TAMRON 35-70mm F3.5 CF MACRO[17A])
体力的な問題で、三脚めんどうくさいので、手持ち撮影となります・・あまり参考にならないかもしれませんが・・
というわけで、山の上です。まだ寒いです。
たしか、手前の木にピントを合わせたような気がします。絞りはF8ぐらいでしょうか・・画面左側に若干の緑かぶりがあるようにも見えます。これはフォビオンセンサーの特徴でして、最適化されていない、特に高角レンズではよく出る現象です。
ズームは35mmに合わせていましたので、このレンズとては高角側なのでこの現象が起きています。ちなみに、単焦点のタクマー35mm f3.5だと、もっと緑かぶりします。普通のベイヤーセンサーでは、この現象は起きませんので、ご安心ください。
それよりはデジタル向けだと言えるかもしれませんね。
手前の木にピントを合わせたのですが、そこそこ解像しているように見えます。周辺は甘いですね・・APS-cまででしょうか?
画面をクリックすると、拡大します。等倍ということになります。

つづき
posted by 薔薇迷写真部 at 20:55| Comment(0) | 部長の独り言