2018年08月22日

ことり日和 フォトコンテスト

SDQH2161.jpg
今回は、カフェ ことり日和の夏休み企画、フォトコンテストに参加です。
薔薇迷写真部部員がほのぼのペット写真に挑戦します。
26日2時に、薔薇と迷宮に集合、場所が分かる方は現地で2時30分に、ことり日和着。この時のドリンク等の注文は各自で。
4時半ぐらいから2時間、薔薇と迷宮にて写真部となります。
質問と実施、これのセットです。
今回の写真部は、お菓子持ち込み可、2500円+ワンドリンクオーダーとなります。
よろしくお願いいたします。

posted by 薔薇迷写真部 at 00:20| Comment(0) | 告知

2018年08月12日

或る夜 よみがえる夢想曲

写真部ではないんですが、当方が講師をしてる某絵画教室の受講生の展覧会を、薔薇と迷宮にて行っていたわけですが、ラストイベントとして音楽イベントがありました。
なので、とりあえずなんですが、記念として写真を撮りました。
そういえば、イベント写真撮るのも久々です。とはいいましても、迷惑なので少数しか撮っておりませんが・・

PK1N0772.jpg
(PENTAX K-1/Samyang 35mm F1.4 as umc/撮影者:部長)
三味線を弾いていた朝薫さんの後ろ姿です。お客さん大勢来られました。これならボケボケで誰が写っているか分かりませんね。なので無編集。

PK1N0788.jpg
(PENTAX K-1/Samyang 35mm F1.4 as umc/撮影者:部長)
アコーディオンを弾ていた、ゆっきーさんです。
なんかよい味出してました。

PK1N0796.jpg
(PENTAX K-1/Samyang 35mm F1.4 as umc/撮影者:部長)
今日は、他の部員が来ていないため、一人写真部でありました。
けど皆様お疲れさまでした。

posted by 薔薇迷写真部 at 01:52| Comment(0) | 活動報告

2018年08月06日

NEEWER 32mm F1.6

DSC01489.JPG
NEEWER 32mm F1.6
NEEWERのEマウント用の交換レンズなんですが、APS-C用のもので、なぜか標準単焦点レンズが3種類ほどあります。なんでまた似たような焦点距離ばかり・・無類の標準レンズ好きですね・・まぁ当方もそうなんですが・・
一番メジャーな35mm F1.7に関しては既に色々とレビューも書かれているようですが、この32mm F1.6に関しましてはマイナーなようでして、やはりどこにも情報が無い感じなわけです。当方、既に大勢がレビュー書いてるものは書いても意味がないので、極力マイナー路線でやってみます。
とりあえずなんですが、同社のNEEWER 35mm F1.2に関しましては所有しているわけですが、性格的には最も遠いと思われるのはこのレンズです。
一応、F1.6というわけで、無理の無い設計なのではないかと予想しますが、NEEWER標準レンズ群の中でも最安値の6千円台・・35mm F1.2よりも4千円ほど安い爆安レンズということになります。
あと35mm F1.7よりも安いというのは、スペック的に考えても不思議な点です。
フルサイズ換算値は48mmほど。
しかしながら、フルサイズ機と50mmレンズを持っていながらAPS-C用の標準レンズをフルサイズ機に付けて楽しむとか、煩悩としか言いようがありません・・

DSC01490.JPG
質感は35mm F1.2 同様になかなか良いです。ピントリングはずっと軽めで、とてもなめらかに動きます。なんかレンズ周りに拭き後みたいなのがあるのは安物品質でしょうか?

DSC01492.JPG
絞りは円形ではありませんね・・

DSC01491.JPG
後玉は小さいです。APS-Cだとここまで小さくできるんですね。

DSC01494.JPG
被写界深度目盛は、やはりありません。絞りリングは中華お馴染みのクリックレスタイプで、滑らかに無段階に動きます。

DSC01499.JPG
α7Uに付けてみました。当然ながらレンズ無しレリーズの許可と、APS-C撮影の設定をする必要があります。デザインの傾向は32mm F1.2と同じ傾向ですが、随分と薄いです。

DSC01496.JPG
お出かけ用にフードを搭載してみました。やはりマニュアルフォーカスレンズにこれは似合いますね。

2019/05/30 追記
チャートによる測定を追加。
クリックで等倍鑑賞可能です。
あまり立派なチャートでもありませんので参考程度に・・
DSC01397.JPG
(SONY NEX-6/NEEWER 32mm F1.6 [絞りf1.6])
中心部はとてもよく解像しています。しかしながら、周辺はかなり残念な状況
歪曲は少ないように見えますが内部の線が複雑に変形していて円も綺麗に描けていません。結構複雑な歪曲をしている模様。

DSC01398.JPG
(SONY NEX-6/NEEWER 32mm F1.6 [絞りf2.8])
徐々に解像している領域は広がっていますが、まだまだな感じ。

DSC01399.JPG
(SONY NEX-6/NEEWER 32mm F1.6 [絞りf4.0])
左は片ボケっぽいですね・・中央は素晴らしいです。

DSC01400.JPG
(SONY NEX-6/NEEWER 32mm F1.6 [絞りf5.6])
これはおそらく、かなりの像面湾曲があります。周辺と中央は同時には解像しないでしょう。

DSC01401.JPG
(SONY NEX-6/NEEWER 32mm F1.6 [絞りf8.0])
左の片ボケは強烈なようです。中央付近だけ素晴らしい解像です。

DSC01402.JPG
(SONY NEX-6/NEEWER 32mm F1.6 [絞りf11])
コントラストが少し落ちたでしょうか?

DSC01403.JPG
(SONY NEX-6/NEEWER 32mm F1.6 [絞りf16])
周辺部の文字が浮かび上がり、なんとか読める状態に。

DSC01404.JPG
(SONY NEX-6/NEEWER 32mm F1.6 [絞りf22])
周辺はある程度解像してきましたが、全体的に実用範囲外でしょうか?

DSC01407.JPG
(SONY NEX-6/NEEWER 32mm F1.6 [絞りf8])
像面湾曲が強めにあるようなので、周辺にピントを合わせてF8で撮影です。
それでも周辺先端は解像せず、中央のピントは完全に外れています。
このレンズの像面湾曲は強すぎるので、遠景の撮影には向かないでしょう。
むしろ、接写性能を生かして、小物や花等を撮るのには向いているかもしれません。
コントラストは十分にあると思います。

単純な光学性能としてはNEEWER 32mm F1.6はNEEWER 35mm F1.2に遠く及ばない雰囲気です。しかしながら、こういったレンズに求められるものは味なわけで、どういう雰囲気の写真が撮れるか?というのが一番の見どころでしょう。
とりあえず出かけてみます。

DSC03773.JPG
(SONY α7U/NEEWER 32mm F1.6/絞りf.16)
オオハナインコの花太郎さんです。ん、玉ボケの傾向はややレモン型か?しかしコントラストは35mm F1.2より高いであろうことは一目でわかります。シャッタースピードは1/320秒となります。

DSC01512_35.JPG
(SONY α7/NEEWER 35m F1.2/絞りf1.2)
α7に35mm F1.2を付けています。やはりコントラストはこちらが低いようです。まぁ、同じ絞りにしないとフェアではありませんが、一応絞ってもこの傾向があります。こちらのほうが解放F値が低いのでシャッタースピードは1/500秒です




つづき
posted by 薔薇迷写真部 at 22:54| Comment(0) | 中華レンズ

2018年08月03日

Mモードで撮影してみましょうの回

IMGP1055_.jpg
撮影者:Mさん

PK1N0703.jpg
今日は、とりあえず、Mモードで撮影してみましょうの回でした。

PK1N0705.jpg
この中で重要なのは、この絞りという機構です。
これを閉じていくほど、深くピントが合います。逆に開くとピントは浅くなるので、ボケが多くなりましたよね?

DSC01470.JPG
とりあえず、このくらいの設定で撮ってみます。

DSC01471.JPG
絞り(F値)を絞ってみますと暗くなりました。この時ピントが合って見える深さが深くなっています。

DSC01472.JPG
isoとF値そのままでシャッタースピードを下げてみると、明るさが戻ってきました。

DSC01473.JPG
そのままだとあまりにもシャッタースピードが遅いため、シャッタースピードとiso感度を上げてみました。
これで被写界深度と画面の明るさが両立しましたが、isoを上げすぎているため、ノイズが出て画質が劣化することになります。
こういった状況下で最善の選択を、この三つの値の操作で選びます。色々試してみてください。


つづき
posted by 薔薇迷写真部 at 02:38| Comment(0) | 活動報告