2018年10月03日

MEIKE 50mm F1.7

MEIKE MK 50mm F1.7
PK1N2551.JPG
MEIKE 50mm F1.7というレンズです。
また中華のマイナーレンズ?と言われるかもしれませんが、当方、現在成長しているものを見るのは好きでして、それに日本メーカとかのレンズのレビューは書きまくられているわけで、わざわざ自分がするまでもないというのが実情・・
さて、このレンズですが、日本円だとおよそ12000円程度の値段で、135フルサイズフォーマットに対応している、Eマウントレンズです。
MEIKEはメイケと読むのかな?
開封後の印象ですが、作りは非常に良く、今までの中華レンズにはフードが付いていなかったのですが、花形フードが付いてきます。これはプラスチック製の安っぽいものですが、あるほうが良いに決まっております。

PK1N2552.JPG
赤い鉢巻きが付いています。
本体は金属製でガタツキも無く非常にしっかりとしています。これまでNEEWER 35mm F1.2NEEWER 32mm F1.6を所有しているわけですが、ワンランク上の作りこみに見えます。値段比較でも、フルサイズ用なので安価と言えると思います。

PK1N2553.JPG
レンズ前方はこんな感じ。ゴミなどの混入もなく非常に良いです。

PK1N2555.JPG
レンズの後方です。後玉がF1.7としては非常に大きく見えます。一見前玉よりも大きく感じます。解像面では期待できそうです。後玉は少し深いところにあります。バックフォーカスは長めということになりますね。

PK1N2556.JPG
絞りリングは、レンズの前のほうに付いています。この仕様は、慣れないうちは大変かもしれませんが、動画を撮るときに非常に重宝します。当然クリックレスタイプで、やや重めながら、滑らかに動きます。
ピントリングも同様、やや重めではありますが、ガタツキもなく滑らかで良好な動きです。

PK1N2564.JPG
絞り羽は12枚もあり、綺麗な円形(12角形?)を描いています。これはNEEWER 35mmや32mmとは比較にならないクオリティーです。
動画撮影中も、ボケの形が途中で変わることなく綺麗に動くことが想像できますし、美しいボケが得られることも想像できます。光芒もどうなるのか気になります。

PK1N2557.JPG
ボディーに付けてみます。
マウント部にもガタツキはありません。
コンパクトで非常に良いですね。スナップ用途で使うのにはとても良さそうなサイズ。

それでは出かけてみましょう。

DSC06819.JPG
(SONY α7U/MEIKE 50mm F1.7 (絞りF1.7))
ざざっとこんな感じの写り・・
ストロボ付けて撮影したので、シャッタースピードの関係で露出オーバーでしょうか・・ボケは色々な形になっていますが、それ以外は濃い輪郭なども無く綺麗だと思います。

DSC06826.JPG
(SONY α7U/MEIKE 50mm F1.7 (絞りF5.6))
最近のレンズが最も解像しそうなF5.6での撮影。
中華レンズであることを忘れてしまうような良い写りであります。

DSC06796.JPG
(SONY α7U/MEIKE 50mm F1.7 (絞りF1.7))
開放での撮影。
キリッとした描写。
白いものの輪郭には色収差が見られます。
写真はクリックで拡大します。



つづき
posted by 薔薇迷写真部 at 16:37| Comment(0) | 中華レンズ