2018年12月20日

チェキで多灯+多重露光撮影してみる

PK1N0024_.jpg
(MiNT Instant Flex TL70 2.0)
MiNT Instant Flex TL70 2.0には、内蔵ストロボが付いているので、これを利用して多灯撮影が可能だろうと、試しにやってみました。
結論を言いますと、工夫は必要ですが、可能という感じです。
これは、写真の写真なので、はっきりしませんが、かなりキレの良い写真が撮れました。
これは、なかなか使えそうです。
問題もあります。
まず、MiNT Instant Flex TL70 2.0には、マニュアルモードが無いということ、あとフラッシュ光量を調節できないことです。
これを理解してやれば、F16~F22ぐらいで、比較的綺麗に撮れるようです。
もう少し工夫が必要そうですが、何か面白い事を思いついたらやってみようかと思います。

PK1N0002_.jpg
(MiNT Instant Flex TL70 2.0)
デジカメと違って、ホワイトバランスが無いので、ストロボにフィルターをかけてやると効果的に撮れます。
はっきり言って、デジカメとは比較にならない手間がかかりますが、デジカメよりもはるかに面白いのも事実です。
試し撮りは無しで、これまでの経験から、どういう写真が撮れるかを計算して撮るのが面白いのです。

PK1N0003_.jpg
(MiNT Instant Flex TL70 2.0)


二眼レフ インスタントカメラ MiNT InstantFlex TL70 2.0

価格:52,980円
(2019/4/23 14:44時点)
感想(0件)







posted by 薔薇迷写真部 at 00:04| Comment(0) | 部長の独り言

2018年12月18日

写真部せねば・・

PK1N0001_.jpg
(MiNT Instant Flex TL70 2.0)

薔薇迷写真部とか言いながら、ここ最近忙しすぎて、部活ができていないのが実情・・
ですが、やる気はありますので、何人か募ればやる予定。
福山には、ジルバという面白いスナックがあるのですが、個人的には、そこに行ってみたいと思っている最中。
で、自分は何をやっているかと言えば、相変わらずインスタ映えとかしそうにない写真を撮ったりしております。
といいますか、そういうのは大勢の方々がやっておりますので、当方ごときがする意味もないと思っているわけです。
ですが、ハードル高いと思われがちなのも事実。
どこか面白い事でもないかなぁ・・
年間行事には興味が無いのですが、紅葉でも撮りに行くべきだったのでしょうか?
とりあえず、薔薇と迷宮で忘年会が22日にありますので、そこで相談でしょうか・・



posted by 薔薇迷写真部 at 19:48| Comment(0) | 部長の独り言

2018年12月14日

写真部のご案内+絵画教室

薔薇迷絵画教室.jpg
超絵画教室がリニューアル、薔薇迷絵画教室に、受講生いつでも募集!

講座代金  ◆ 13時〜17時まで。一ヶ月 8000円×6ヶ月 毎回テキスト代も1000円+1ドリンクオーダー。新規のみ入会金一万円  ※初回は材料費込 手ぶらでおこしください。

お支払方法は 3ヶ月ずつの二括払い と一括払いです。8000×3ヶ月  24000(税別)半年だと 48000(税別) となります。

※なお、自己都合による欠席や退会でのご返金はいたしません。二括の場合でも全期分のお支払をお願いいたします。

↓クリックで拡大します。
薔薇迷絵画教室裏.jpg
薔薇迷写真部、部員いつでも募集!

スマホに圧されて、もはや風前の灯?と化しつつある写真機?で撮って、ああでもない、こうでもないとかツッコミを入れてみたり、たまには運動不足の解消に、街やら野山を歩いてみたりして、遠足気分で写真など撮ってみたりして楽しむ憩いの部です。
やる気ありすぎて空気読めないマジの人もOKよ!
※機材自慢やら武勇伝はほどほどにね♡
分からないことは、部長に聞いてみよう!部長は映像作家だけど、勘で物事を行う人なので、その質問に答えるかどうかは謎だけど、きっと何かに答えてくれるはず?
幸いにも会場がありますので、やる気のある人がいれば、グループ展もやる予定。
マジの人は個展も出来るかも?
お試し用にカメラの貸し出しもあるよ!

会費:内容により変動+ワンドリンクオーダー


写真撮影、映像撮影、編集等行います

写真、ビデオ等の撮影、編集、個人レッスンアニメーションワークショップ等色々な事ができます。
国際的な活動を見せる映像作家の、少し違った視点からの仕事も可能です。
まずは、お気軽にご連絡ください。

TEL:090-7377-8618   薔薇と迷宮 月影詩歩

posted by 薔薇迷写真部 at 22:48| Comment(0) | 告知

2018年12月05日

Neewer カメラビデオ三脚用3WAY雲台

PK1N0019.jpg
Neewer カメラビデオ三脚用3WAY雲台
なんと言いますか、雲台です。
雲台には困っていないのですが、愛用のベルボンやスリックが小汚くなってきたのと、中華のトラベル三脚の自由雲台と交換できる、安価な雲台として購入しました。
中華三脚は、アマゾンベーシックのビデオ三脚と、名前の分からない軽装時代と書かれたトラベル三脚の二つ所有です。
これらは、非常に安価で、どちらも5000円以下だったのですが、予想外に良く、手荒に扱う道具だし、中華でも十分じゃないか?と思い始め、とりあえずの3WAY雲台を購入。
最初に箱から出した印象ですが、「予想外に良い」でした。
Neewerの撮影用機材は、コストパフォーマンスが非常に高いので、映像制作で物量作戦をとるときなど重宝しております。
値段に対しての価値に関しては、非常に信頼しているメーカーで、短期間で大量の資材を投入したこともあります。例えば映画製作等。

PK1N0025.jpg
とりあえず組んでみました。
まず最初に思った事ですが、グリスの感じなのか、各所が、ビデオ雲台のように滑らかに動くという感想です。
ここでビビッときたのですが、これってスチルとビデオ、両方使えるんじゃあるまいか?と思ったわけです。というか名前もNeewer カメラビデオ三脚用3WAY雲台
もちろん、このNeewerの雲台は、形状的に、説明を見ても、基本スチル用として売られているわけですが、シュープレートが付いている方向を見ても、ビデオに向いている方向でもあります。
もちろん、グリスの粘性がある間の仕様ということになるでしょうが、外観からして六角レンチで簡単にメンテナンスも出来そうな雰囲気。
スチルだと縦撮りもあるので、横方向に付けたほうが撮りやすそうです。
今まで、スチルビデオ共用の安物といえば、動きが完全にスチル用で、スカスカなものが多く、ビデオ撮影にはつらいものが多かったのですが、これは違うかもしれません。

PK1N0026.jpg
3000円程度と安価な雲台ですが、一応水準器も付いています。
ですが、最近、カメラに水準器が付いていて、そちらのほうが正確なので、ほとんど使うことは無いかもしれません。二眼レフチェキを使うときぐらいでしょうかね?
こういう機材って基本、頑丈さと重さ、あと使いやすさが、機能のほとんどを占めると思うのですが、少なくとも、重さ以外の点は抑えている感じ。
でも三脚って重いほうが良いこともあるし、用途色々ですね。

PK1N0028.jpg
シュープレートの裏側です。
このつまみは少々頼りないですが、壊れるまでは使えるでしょうし、一応溝がありますので、壊れても使えるでしょう。

PK1N0034.jpg
インコのとまり木としても十分機能します。
外側に、ウレタンやゴムパーツが少ないため、かじられる心配が少ないのも良いですね。

つづき
posted by 薔薇迷写真部 at 18:02| Comment(0) | 部長の独り言

2018年12月04日

Amazonベーシック 170cm(67インチ) ビデオカメラ用三脚 バッグ付き

DSC07673.JPG
アマゾンベーシック 170cm ビデオカメラ用三脚 バッグ付き です。

最近、こういった安物に非常に興味がありまして、といいますか、当方、そもそも映像作家(アニメーション寄り)なので、こちらに割くお金が無いもので、コスパ重視で機材は選びたいと思っております。
あと、田舎の宿命なのか、広く浅く何でも出来ないといけないという感じで、分業のような感じにはなっていないのが実情。
とか言い訳をしていますが、実際のところビデオ三脚は普通に持っております。。
単純に、この価格帯のものがどのくらいのレベルなのかに興味がありました。
あと、三脚そのものは、けっこう沢山あっても困らないのです。
雲台次第で様変わりしますし。
で、この商品の中で興味があったのは三脚の足の部分と、ショルダーの袋でしょうか。

宅配業者から受け取った時の印象は、「重っ!」という感想です。
はい、重いです。昔の三脚みたいです。
で、中身を見ての感想は、「これは予想外に良いものだ」というものでした。
袋だけで2000円払っても良いという感想で三脚そのものも5000円は払っても良いでしょう。雲台は・・
で、総額は3800円ほど。高い時と安い時があるので注意が必要です。8000円以上することもあります。
どうやら、もっと安かった時代があるようですが、それから型が変わってはいるようです。

DSC07674.JPG
雲台は、筋トレできるぐらいの重量があります。これにレバーを付けて持ち上げれば、手首も鍛えられそうですね。筋トレ用としては、なかなか優秀な雲台です。
ではビデオカメラに使うならどうか?と言われますと、?という感じもします。
見た目は立派で、一見良いものに見えるのですが、どうやら油圧式では無さそうで、動かすのには工夫が必要そうです。分解して、各所にグリスなど塗ったら、もしかしたら使いやすくなるかもしれませんが、動きは滑らかではないといういか、少々残念な動きをします。
しかし、置物や筋トレ用に使うのも何ですから、そのうち良い使用方法を考えてみたいところです。
もちろん置きっぱなしの撮影ならば何ら問題はありません。機材運びは重くなりますが・・

DSC07676.JPG
カメラ三脚に取り付けるために、何年か前に購入したベルボンのビデオ雲台を取り付けてみました。
雲台の取り付けねじは3/8インチで、中華は、このサイズが多いです。比較的小さな、トラベル三脚なんかもそういうのが多いですね。1/4インチタイプ固定のものは付きませんので注意が必要です。日本のは1/4サイズが基本的に多いと思いますが・・
所有のカメラの三脚はカーボン製で軽すぎるので、使っていると足が上がってしまう難がありましたし、重りを付けても、なんか使いづらいという印象がありましたが、大きすぎず小さすぎずで、重さも適度、やはり動画撮影にはこのくらいの重さは欲しいです。見た目のバランスも良いですし、これはかなり使いやすそうです。というか、これをしたかったのです。
強度も、なかなかありそうで、これは良いものだと思いました。
この三脚にスチルカメラ用雲台も取り付けてみましたが、レリーズが付けられない MiNT Instant Flex TL70 2.0 でもしっかり固定して、ぶれのない撮影が出来ました。
三脚部分と袋だけでも価値がありますし、雲台が余っている方は買いかもしれませんね。もしくは、カスタマイズして使う方。
雲台を付けたままでも袋に入りますし、やる気が出てまいりました。
次に動画撮影の仕事が入ったら、これを使ってみようかと思います。



posted by 薔薇迷写真部 at 19:43| Comment(0) | 部長の独り言