2019年01月26日

SIGMA ZOOM 28-80mm F3.5-5.6mm HF MACRO ASPHERICAL

PK1N0022.jpg
何故か分かりませんが、当方の日記ブログの検索で、このSIGMA ZOOM 28-80mm F3.5-5.6mm MACROの検索が、やたらと多いことに気が付きました。
検索してくる方には、おそらくこのレンズが果たして使えるのか?とか改造ベースで考えている方も多いのではないかと予測します。
当方、デジカメからまともなカメラはデビューしたわけですが、始めた当初、最初に思ったのは、「レンズが高い!」でした。
正直、レンズが本体より高いって何なの?とか思ったわけです。
そんな中、よく見かけたレンズが、これの旧式だったと思うのですが、とにかく安かったように覚えています。
下手をすると、500円とかで手に入るわけで、これは買うしかないでしょう!
と何本か買いました。
その中のほとんどは、何らかの改造ベースとなって、その後破損してしまったりしたのですが、この最終型だけは、綺麗に残しておきました。
というのも、レアなSIGMA SAマウントだったからです。

PK1N0025.jpg
SIGMA SD Qattro Hに取り付けてみました。
なかなか似合っています。赤いラインが、なんちゃって高性能レンズのような感じに見えます。
個人的に、このレンズのデザインは好きなほうです。
28-80mmという焦点距離は、フルサイズ用の標準ズームであることを標しています。
SIGMA SAシリーズ等に付いてきた、いわゆるキットレンズの類で、だいたいそのくらいのビルドクオリティーといった感じです。
しかし何ですね・・フォビオンのような特殊なセンサーがあるならまだしも、フィルム時代に、あえてシグマのカメラを買っていた人もいるということですね。

PK1N0027.jpg
背景の色がいつもと違う?いえ、これ日本製だからです。一応赤は中華のイメージでしたので、青にしてみました。日本メーカーで、製造は中国とかどうしようかな・・まぁ青でいいか。
久々に付けて動かしてみたら、AFがビュンビュン音が鳴ります。中のゴムが、少し硬化してるんでしょうか?しばらく動かしてたら、音はうるさいながら、静かになりました。機械も、たまには動かしてやらないと壊れてしまいますよね。
それにしても何ですね・・昔は日本でもこんな安いレンズが出ていたのに驚きです。実際の値段は知りませんが、日本製だけに中華よりは良いのでしょうか?それとも、やはり値段なり?

PK1N0032.jpg
被写界深度目盛が付いています。しかし、これでは広角ぐらいしか分からんのです。
左側にマクロ用のスイッチがありまして、80mmでハーフマクロ撮影が可能となっています。中の部品を少し加工することで、全域マクロも可能です。
ですが、ホコリが入りやすくなるので、長く使うなら、やめておいたほうが良いかもしれません。
けっこう初心者でも、何でも撮影できるよう、便利な作りになっています。

PK1N0041.jpg
なんと、この型は花形フードが付属しております。
しかし、なんだかしょぼいですね・・もう少し大きくても良さそうなバランスです。
今回、初めてSIGMA SD Qattro Hに付けてみたのですが、大きさのバランスは非常に良いですね。デジタルのことを考えると、これは本当にフルサイズ用なのか?と思ってしまいます。
APS-Cのキットレンズを付けているような感じで、今や、シグマでこのような軽くてお手軽なレンズは無いのです。

さて、撮影でもしてみましょう。

SDQH0479.jpg
(SIGMA SD Qattro H/SIGMA ZOOM 28-80mm F3.5-5.6mm HF MACRO ASPHERICAL[絞りF8])
ぱっと見悪くありません。広角側での撮影です。中央の解像は、なかなかのものです。
もちろん、カメラのセンサーサイズがAPS-Hなわけで、中央がトリミングされた状態になっています。
コントラストも悪くないような気がします。 SD Qattroそのものがコントラスト高い絵になってしまうので、分からないといえばそうなのですが・・




《新品》 SIGMA (シグマ) sd Quattro[ ミラーレス一眼カメラ | デジタル一眼カメラ | デジタルカメラ ][小型軽量レンズ交換式カメラ特集]【KK9N0D18P】

価格:64,260円
(2019/2/17 01:06時点)
感想(0件)








つづき
posted by 薔薇迷写真部 at 20:45| Comment(0) | 部長の独り言

2019年01月18日

中一光学 FREEWALKER 20mm F2.0 SUPER MACRO 4-4.5:1

PK1N0004.jpg
ZHONG YI OPTICS FREEWALKER 20mm F2.0 SUPER MACRO 4-4.5:1
というわけで、4〜4.5倍のマクロ撮影ができる中華レンズです。
当方としては、かなりメジャーな中華レンズのチョイスかもしれません。
たぶんですが、中一光学は、中国では最も有名な光学メーカーのような気がします。
個人的には、LAOWAのほうが、本格的なような気がしますが、老舗という意味では、この中一光学ということになるのかもしれません。
日本の三竹光学とも関係があって、日本の息のかかったメーカーでもあります。
一般的な中華レンズには、既にお腹いっぱいなため、使用用途が著しく限られるこのレンズに着目してみました。
商品の内容ですが、箱と、保証書と、レンズ本体と、しわくちゃなビニール袋だけでした。説明書はありません。
説明書が無いので説明しますと、カメラの設定で、レンズが無くても撮影を許可する必要があります。メーカーによって書き方が違いますが、それぞれ調べてみてください。
PENTAXだと、絞りリングの使用を許可、SONYだと、レンズなしレリーズを許可等の項目があります。
カメラがシャッターを切らなくても、故障ではありませんので、慌てなくても大丈夫です。

PK1N0005.jpg
ZUIKO AUTO-MACRO 20mm F2にとてもよく似ています。
前玉は非常に小さく、普通のレンズの後玉のようです。
この姿を見て思う人は多いかと思いますが、普通の単焦点レンズにリバースリングを付けているのにも似ています。
原理としては似たようなもんだろうと思います。画質も、補正レンズ系が、構造上少ないので、似たようなもんである可能性もあるかと思います。
このレンズは安価ですが、より高価なLAOWA 25mm F2.8 2.5-5X ULTRA MACROのほうが、現代的な設計だと思われる分、ずっと高画質な可能性が高いと思われます。
ただ、LAOWAは高価なため、こういったレンズの使用率の高い人向けのような気がします。
たまに撮るのであれば、これでも代用はきくかもしれません。

PK1N0009.jpg
これでは見えませんが、後玉は、奥のほうにあります。前方の小さなユニットの中に小さなレンズ群があるといった感じです。
当然ながら、電子接点はありません。
これは、PENTAX Kマウント仕様となります。

PK1N0010.jpg
絞りはF2〜F16まで。
しかしながら、その絞りの明るさは確保されません。その拡大率から非常に暗くなります。基本的には、ミラーレス機のほうが使いやすいのではないかと思われますが、レフ用を購入すれば、マウントアダプターで両方使えるということになります。
鏡筒の質感は良く、このレンズの価格の大半は、この部分に使われているのではないかと思うぐらいです。

PK1N0012.jpg
絞り羽根は3枚しかないため、絞ると三角形になってしまいます。小さなビデオカメラのような絞りですが、玉ボケを楽しむようなレンズではないため、これで十分と言えば十分です。

PK1N0017.jpg
SIGMA sd Quattro HにFREEWALKER 20mm F2.0 SUPER MACRO (PENTAX Kマウント用)を取り付けてみます。
SIGMA sd Quattro Hは、KマウントベースのSAマウントなため、こういったレンズは付けることができます。
このような全群繰り出しのレンズであれば、画質の劣化もありません。
無限遠がある普通のレンズだと、標準域からでなければ使いにくいですが、中一光学のCREATORシリーズならば、普通に使えるのではないかと思っています。無限遠はずれてしまいますが、合わせることは可能です。
85mmや135mmを付けてみたいという衝動にかられますが、やめておきます。
ですが、マウントアダプター経由で他のミラーレスにも使えるため、無駄になるということはないとは思いますが。。

PK1N0018.jpg
前方のユニットを伸ばしてみた様子。
これを伸ばすことで、撮影倍率が上がります。
ヘリコイドマクロアダプター等と同じような原理ですね。

さて、撮影してみましょう。

SDQH0454_.jpg
(SIGMA sd Quattro H/中一光学 FREEWALKER 20mm F2.0 SUPER MACRO(絞りF8))
よく分からない謎の昆虫です。
今は冬なため、撮影しようにも、昆虫は非常に少なく、やっとのことで見つけました。
おそらく、大きさは1mmほど。とても小さいです。ひまわりの種の上に乗っています。
色々とアップされている画像を見て思いましたが、やはり色々な収差の補正ができていないようです。
あと解像感も足りませんが、普通のレンズをリバースするよりは、いくらか画質は良いかもしれません。あと拡大率も大きいです。もちろん、接写リングで同じような撮影は可能かもしれませんが、一応専用設計のこちらに分があるのではないかと思われます。

中一光学 カメラレンズ FREEWAKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1【ペンタックスKマウント】 (FREEWALKERF20PK)

価格:19,483円
(2019/2/17 00:00時点)
感想(0件)




つづき
posted by 薔薇迷写真部 at 00:20| Comment(0) | 中華レンズ

2019年01月08日

しまなみ海道 耕三寺とか多々羅温泉とか

SDQH0304.jpg
撮影者:ピアサーさん
しまなみ海道、生口島にある耕三寺に行きました。
何と言いますか、派手と言いますか、B級と言いますか、手前の熱帯植物がイカしてます。
こんな派手なB級観光地が近くにあったなんて、嬉しいかぎりですね。

PK1N0004.jpg
撮影者:部長
このような派手な仏像がたんまりあります、何でも、このお寺にあるものは、他の歴史ある由緒正しいお寺に似せて作っているそうです。
なんちゃって平等院のような建物もあります。
で、このお寺はとても大きいです。

SDQH0293.jpg
撮影者:ピアサーさん
なんだかテーマパークのようで、面白いですね。
中国人の若者たちが、ここで自撮りしまくっていました。
観光客のようですが、我々よりもずっと金持ちそうな身なりで、時代の変化を感じますね。
盗撮はしなかった模様。。

SDQH0297.jpg
撮影者:ピアサーさん
山に登っていくと、寺とは何の関係も無さそうな大理石のモニュメントが・・
もう、何でもありですね。
イタリアがどうのとか、やたらと書いてましたが、お釈迦様はイタリアにゆかりのかる方なんでしょうか?




つづき
posted by 薔薇迷写真部 at 02:08| Comment(0) | 活動報告

2019年01月04日

あけましておめでとうございます

SDQH0248.jpg
(SIGMA SD QUATTRO H/SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO)
あけましておめでとうございます。
今年こそは、気合を入れて写真も撮ろうと意気込み、正月3日目でやっとシャッターまともに切りました。
ハトの住処になっている、謎の集合住宅です。人は住んでいないようです。外から見ても分かるのですが、中身はゴミだらけ。片付け無しで、皆出ていったのでしょうか?
中に入りたい気分ですが、たぶん入ってはいけないんでしょうね。

SDQH0245.jpg
(SIGMA SD QUATTRO H/SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO)
ハトは換気扇の穴から部屋に侵入しています。部屋の中を飛び回っているようで、シュールではあります。

PK1N0010.jpg
(PENTAX K-1/SAMYANG 14mm F2.8)
夜中に、もう一度行ってみました。
中に入るのは、少し怖いですね。
外から撮影。
オリオン座がはっきりと見えます。

PK1N0014.jpg
(PENTAX K-1/SAMYANG 14mm F2.8)
二枚とも、リアルレゾリューションモードを使用して撮っているのですが、リアレゾで撮影すると、若干星が見えなくなるようです。標準モードで撮ったほうが良さそうですね。
ただ、一度試してみたかったのでリアレゾ撮影です。
一つ良い点なんですが、ダイナミックレンジと高感度はかなり良くなるようです。
次に夜間撮影する時は、普通のモードで撮ってみます。

ここ最近撮影とかしていないので、近日中に何か撮りに行きたいと思ってる最中です。




posted by 薔薇迷写真部 at 03:31| Comment(0) | 部長の独り言