2019年01月26日

SIGMA ZOOM 28-80mm F3.5-5.6mm HF MACRO ASPHERICAL

PK1N0022.jpg
何故か分かりませんが、当方の日記ブログの検索で、このSIGMA ZOOM 28-80mm F3.5-5.6mm MACROの検索が、やたらと多いことに気が付きました。
検索してくる方には、おそらくこのレンズが果たして使えるのか?とか改造ベースで考えている方も多いのではないかと予測します。
当方、デジカメからまともなカメラはデビューしたわけですが、始めた当初、最初に思ったのは、「レンズが高い!」でした。
正直、レンズが本体より高いって何なの?とか思ったわけです。
そんな中、よく見かけたレンズが、これの旧式だったと思うのですが、とにかく安かったように覚えています。
下手をすると、500円とかで手に入るわけで、これは買うしかないでしょう!
と何本か買いました。
その中のほとんどは、何らかの改造ベースとなって、その後破損してしまったりしたのですが、この最終型だけは、綺麗に残しておきました。
というのも、レアなSIGMA SAマウントだったからです。

PK1N0025.jpg
SIGMA SD Qattro Hに取り付けてみました。
なかなか似合っています。赤いラインが、なんちゃって高性能レンズのような感じに見えます。
個人的に、このレンズのデザインは好きなほうです。
28-80mmという焦点距離は、フルサイズ用の標準ズームであることを標しています。
SIGMA SAシリーズ等に付いてきた、いわゆるキットレンズの類で、だいたいそのくらいのビルドクオリティーといった感じです。
しかし何ですね・・フォビオンのような特殊なセンサーがあるならまだしも、フィルム時代に、あえてシグマのカメラを買っていた人もいるということですね。

PK1N0027.jpg
背景の色がいつもと違う?いえ、これ日本製だからです。一応赤は中華のイメージでしたので、青にしてみました。日本メーカーで、製造は中国とかどうしようかな・・まぁ青でいいか。
久々に付けて動かしてみたら、AFがビュンビュン音が鳴ります。中のゴムが、少し硬化してるんでしょうか?しばらく動かしてたら、音はうるさいながら、静かになりました。機械も、たまには動かしてやらないと壊れてしまいますよね。
それにしても何ですね・・昔は日本でもこんな安いレンズが出ていたのに驚きです。実際の値段は知りませんが、日本製だけに中華よりは良いのでしょうか?それとも、やはり値段なり?

PK1N0032.jpg
被写界深度目盛が付いています。しかし、これでは広角ぐらいしか分からんのです。
左側にマクロ用のスイッチがありまして、80mmでハーフマクロ撮影が可能となっています。中の部品を少し加工することで、全域マクロも可能です。
ですが、ホコリが入りやすくなるので、長く使うなら、やめておいたほうが良いかもしれません。
けっこう初心者でも、何でも撮影できるよう、便利な作りになっています。

PK1N0041.jpg
なんと、この型は花形フードが付属しております。
しかし、なんだかしょぼいですね・・もう少し大きくても良さそうなバランスです。
今回、初めてSIGMA SD Qattro Hに付けてみたのですが、大きさのバランスは非常に良いですね。デジタルのことを考えると、これは本当にフルサイズ用なのか?と思ってしまいます。
APS-Cのキットレンズを付けているような感じで、今や、シグマでこのような軽くてお手軽なレンズは無いのです。

さて、撮影でもしてみましょう。

SDQH0479.jpg
(SIGMA SD Qattro H/SIGMA ZOOM 28-80mm F3.5-5.6mm HF MACRO ASPHERICAL[絞りF8])
ぱっと見悪くありません。広角側での撮影です。中央の解像は、なかなかのものです。
もちろん、カメラのセンサーサイズがAPS-Hなわけで、中央がトリミングされた状態になっています。
コントラストも悪くないような気がします。 SD Qattroそのものがコントラスト高い絵になってしまうので、分からないといえばそうなのですが・・




《新品》 SIGMA (シグマ) sd Quattro[ ミラーレス一眼カメラ | デジタル一眼カメラ | デジタルカメラ ][小型軽量レンズ交換式カメラ特集]【KK9N0D18P】

価格:64,260円
(2019/2/17 01:06時点)
感想(0件)








つづき
posted by 薔薇迷写真部 at 20:45| Comment(0) | 部長の独り言