2019年04月29日

PENTAX K100D Super 600万画素CCDは今でも有効なんでしょうか?

今は搭載されていませんが、昔はCCDという撮像素子が、普通に搭載されていました。
とか言わなくても、まだ通じるCCDですが、ものすごく久しぶりにCCDのカメラを使ってみました。
何年かに一度やってみるのですが、古いカメラはどうだったかという確認と、現在の処理技術で現像した写真に興味があるからです。
こういうのは、何度もやってたら見慣れてしまうので、しばらく時間を置いてやると分かりやすいのもあります。
あと、CCDはCMOSとは基本的に画質が異なるので、使ってたカメラは売らずに残してます。売っても大したお金になりませんし。
昔は、高画素化による弊害に関してよく言われていたものですが、そういうのもあって、低画素機は手元に置いておきたかったのもあります。
あと、ぼくが初めて使ったデジタル一眼レフ機はK100Dだったのもあり、その発展型のSuperは、保管の意味も込めて購入したのもあります。

PK1N0023.jpg
さて、このK100D Superなんですが、久々に持ってみた感想は・・

☆思ったより重い (乾電池仕様によるものか?)
☆ファインダーが小さい、見にくい
☆AFの音が大きい (今のペンタ機種も、ボディー内モータを使えばうるさいけど、それよりも大きい)
☆シャッター音が大きい (ガシャッという音)
☆動きがもっさり  (あらゆるレスポンスは良いとは言えない とにかく遅い)
☆液晶が小さく、確認画面の画質も悪く、レスポンスが悪い

とくに褒められた点は無いようです・・というか、この10年で、カメラが随分改良されたのがよく分かります。
しかし待て・・
最も重要な画質はどうなのか?
当時の話ですが、K-7が出てくる少し前が、当方がデジタル一眼を始めた時期です。
K100DとK10Dの二台体制で、SIGMAのSD14も持っていました。(すべて今も持っている)
K-7は購入しましたが、K100DやK10Dに対して、画質が好きになれず、K-5の登場とともに、すぐに手放したような記憶があります。
K-7のボディーは、現代的な感じで、レスポンスも良く、グリップのフィット感もバッチリで良いカメラだったのですが、ベタッっとしてのっぺりとした画質が好きではありませんでした。あと、何だか立体感に乏しいとも思っていました。
この点は、当時のキヤノン機にも感じていましたが、それが撮像素子の違いということは、すぐに気がつきました。
K-5の時も同じことを感じていて、メイン機は相変わらずk10Dだったのです。
ただ、この時から、カメラはぐっと現代的な画質になって、高感度も劇的に良くなりました。この時期から、センサーの高画質化も鈍化して、この後に出るK-5Usのあたりから、基本的な画質の向上は、それほどありません。その代わりセンサーの処理速度は速くなりました。
K5Usで、ローパスレスの味を知ってから、やっと本格的にCMOS機を使うようになって、CCD機は退役しました。

IMGP0723.jpg
(PENTAX K100D Super/SMC PENTAX-DA 70mm F2.4 Limited)
久々に撮った写真がこれです。
実は、このような記事を書こうと思って撮ったものではなくて、ペットの日記用に撮った写真です。
そんな感じですが、この写真を見てから、今更CCDの低画素機を見直してみようと思ったわけです。
というのも、最近はフルサイズ機を使うことが多くなりましたが、この写真のほうが、妙に立体感があると感じたからです。これは、もちろん、しばらく見なかったことによって新鮮に見えるから、そう感じる面もあるかもしれません。よくある、新型機で初めて撮った時に感じる写真が綺麗になった感に近いものがあるかもしれません。見慣れたものと違うものが出てきたら、人間インパクトを感じてしまったりするものだと思います。
このカチッとした感じは、CCDが生み出す、独特の質感によるものだと思いますが、細部描写は甘いにも関わらず、妙に立体的になります。マイクロコントラストの違いによる影響かな?細部を高テクスチャ化することで立体感を増すというやり方は、絵画では普通にやります。ボケの諧調は対比されるためか異様に滑らかに見えます。
あと、CMOSが光沢紙的な絵を出すのに対して、CCDはマット紙的な絵を出すように思います。






つづき
posted by 薔薇迷写真部 at 00:39| Comment(0) | 部長の独り言

2019年04月25日

薔薇迷絵画教室グループ展

2922.jpg
薔薇迷絵画教室グループ展

misako ohazama

moin-moin

萩野容子

丸山史洋

難波智史

五月に薔薇と迷宮で中村智道超絵画教室のグループ展を開催します。
超絵画教室も9期目となるご長寿講座です。
プロアマ問わず生徒さん随時募集中です。
国際的に活動し評価されている講師に指導を受けてみませんか? 
お気軽にお問い合わせ、ご参加下さい。

会期★5/18 土 〜6/2 日 (最終日19時〜搬出)
場所★サロン薔薇と迷宮 東桜町8ー2マルイビル一階  星2福山駅から3分
お休み★5/22 水 27 月 28 火
営業時間★14時〜21時 
会期中★ワンドリンクオーダーお願いします。

TEL:09073778618 月影

E89694E89687E8BFB7E7B5B5E794BBE69599E5AEA4.jpg


E89694E89687E8BFB7E7B5B5E794BBE69599E5AEA4E8A38F.jpg
↑クリックで拡大します








posted by 薔薇迷写真部 at 00:30| Comment(0) | 展覧会

2019年04月24日

【魔王と囚人】魔王とナカヒラミキヒトの魔界で異界な何故かアットホームな音楽の夜

DSC01232_edit.jpg
【魔王と囚人】
魔王とナカヒラ ミキヒトの魔界で異界な何故かアットホームな音楽の夜

5月5日 19時半開場 20時開演
サロン薔薇と迷宮にて
ご予約 1800円1ドリンクオーダー      
当日200円アップ


---------------------------------------------------------------------------------------

月影から一言

5月5日 今年のGWは連休が長すぎて結構な割合で県外出ずに引きこもりの方が多いそうですね顔1(うれしいカオ)きらきら猫 是非 引きこもりの皆さんは急遽決まりました、こちらへぜひお越しくださいませ✡️ご予約お待ちしています。

前回も好評でしたダンディでお人柄も良く、美意識の塊のようなナカヒラミキヒトさんのライヴに
魔王登場ということらしいです♪にこにこ
魔王さんはオーヴァーグラウンドからアンダーグラウンドまで引っ張りだこの方だそうです。
永瀬正敏の故寺山修司の天井桟敷に出演したり、浜崎あゆみのmvに出演したり、eテレ ムジカピッコリーノに出演したりファッション誌モデルからテレビ出演多数。
魔界のバーを主宰してたり、子供から大人までお茶の間から魔界まで幅広く活躍中。

月影詩歩

2864.jpg
司会:魔王
永瀬正敏の故寺山修司の天井桟敷に出演したり、浜崎あゆみのmvに出演したり、eテレ ムジカピッコリーノに出演したりファッション誌モデルからテレビ出演多数。
魔界のバーを主宰してたり、子供から大人までお茶の間から魔界まで幅広く活躍中。

『混沌としたこの地球に魔界からの使者”魔王”君臨。常に謎の人物としてストリートを賑わす”魔王”。
人間から愛されるちょっと怖くてちょっとお茶目な彼。人間以上に人間味溢れる魔王をお楽しみ下さい。
魔界の扉が今。。。開く。。。』

PK1N0002.jpg
演奏:ナカヒラ ミキヒト 【鉄のギターと歌】
味わい深いオリジナル曲と、独自の解釈でアレンジされたカバー曲を交えて、一度聴いたら忘れられない鋼の唄声とともに独特な世界を表現するシンガーソングライター。
都内のバーを転々としてきた後、現在はオリジナル曲を中心に弾き語りやバンド編成にてバーやライブハウス、ギャラリー、舞台やストリップ小屋などでも活動中。
芝居、踊り、映像、絵画、造形など様々なアートとのコラボレーションによる表現活動もおこなっている。
2012年に「夜の囚人」を、2015年に「夜明けの晩」をリリース。

2887.jpg




関連

《Facebook》

《YouTube》
私を月まで連れていって

チムチムチェリー


---------------------------------------------------------------------------------------

ご予約は店頭かこちらのメッセージにて。
TEL:090-7377-8618  月影







関連



posted by 薔薇迷写真部 at 19:49| Comment(0) | イベント・ライブ

2019年04月13日

チェキでインコを撮影

PK1N0002_.jpg
ショップカードを作りたいとのことで、店のイメージで撮影してみたのですが、残念なことに、もっと可愛いのが良いということで、そういう意味ではこの写真はボツとなりました。
しかし、可愛いのということになると、店のイメージとは異なるような気もするのですが、そのうち考えます。
絵が良いとのことでした。

PK1N0002.jpg
一応載せておきます。


二眼レフ インスタントカメラ MiNT InstantFlex TL70 2.0

価格:52,980円
(2019/4/23 14:44時点)
感想(0件)









つづき
posted by 薔薇迷写真部 at 22:17| Comment(0) | 部長の独り言

2019年04月11日

PENTAX K-30の絞り制御ブロックの不具合(通称:黒死病)を修理する

DSC04732.JPG
以前、PENTAX K-30の絞り制御の問題について書いたのですが、その当時は単三電池の使用で回復しました。
しかしながら、この問題は、時とともに進行するものらしく、単三電池の使用でも、問題が発生するようになってしまいました。
この絞り制御の不具合で、どういった現象が起こるかと言えば、撮影時に絞りが閉じたまま開かず、最大絞りのまま撮影してしまうので、画像が真っ暗になってしまうというものです。
修理に出せば二万円ほど取られるのと、時間が過ぎれば再び黒死病を発症する可能性は、構造上高そうですし、どうせ壊れているのだから、分解しても良いような気もします。
というわけで、修理を実行することに。
修理というわけで、色々と見ていくわけですが、こういうのはだいたい海外が進んでいるようで、修理についての情報はそこそこあります。
問題は、K-30や、そのボディーを流用した機種で発生するようで、言わば寿命のあるタイマーのようなもので、使わなくても勝手になってしまうもののようです。
色々と見ていくと、なるほどと思うわけですが、とりあえず一番簡単そうな方法でやってみます。
とりあえず、100均に行って、ドライバーやハンダ、やすり等を買ってきました。

PK1N0003_edit.jpg
まずは、ボディー下部のパーツを外していきます。このあたりは、カメラを分解した方なら簡単かと思います。
矢印のネジもこの時外しておきます。
ネジは、各部位ごとに分けておくと、再び組み立てる時に楽になります。

PK1N0023_edit.jpg
電池ボックスの中には、こういうネジがあるので、これも外します。

PK1N0006_edit.jpg
ボディー向かって右側のゴムパーツを剥がすと、このように二本のネジがあるので、これも外します。

PK1N0026_edit.jpg
反対の、グリップ部分のゴムも、このくらい剥がすと、ネジが見えるので、これも外します。

PK1N0025_edit.jpg
K-30の特徴である、このリーゼント部分もストロボを開くとネジが見えるので外します。

【代引不可】NEEWER NW-565 EXN I-TTLスビードライト ストロボ【並行輸入品】【05P03Dec16】

価格:2,000円
(2019/4/23 14:23時点)
感想(1件)












つづき
posted by 薔薇迷写真部 at 19:10| Comment(0) | 部長の独り言