2019年06月03日

SMC TAKUMAR 50mm F1.4

645D9006.jpg
TAKUMAR 55mmときたら、次は135mm か50mmでしょうか? SMC TAKUMAR 50mm F1.4です。このレンズは前期型と後期型がありますが、これは前期型になります。
このレンズはトリウム入りのアトムレンズなわけですが、やはり、かなり黄変していたのです。ですが、使っているうちに、だんだん透明感が上がってきて、今はかなり回復してきています。
この50mm F1.4といいますと、Super TAKUMAR 50mm F1.4のアトムではない、8枚玉のものが人気ですが、描写では、このSMC TAKUMARも負けていません。と言いますかトリウム入りなので収差などは少ないのではないでしょうか?
レンズ構成は6群7枚の変形ガウス型 絞り羽根は8枚でしょうか フィルター径49mm コーティングは7層でしたっけ? M42マウントとなります。
デザインは、これより前の型のほうが好みですが、こちらのほうが傷みにくいのではないかとも思います。

PK1N0046.jpg
(PENTAX K-1/SMC TAKUMAR 50mm F1.4)
開放だと、ボケがとても綺麗です。
昔のレンズなので、この明るさだと、開放はあまり解像しませんが、こういった状態で撮影されている写真が多いように感じます。
ボケが綺麗だからでしょうが・・
ですが、このレンズ、解像もなかなかのもので、現代でも余裕で通用します。

少々チャートでのテストをしてみました。
大したチャートでもないので、参考程度に見てやってください。
クリックで等倍鑑賞可能です。↓
PK1N0001.jpg
(PENTAX K-1/SMC Takumar 50mm F1.4 [絞りF1.4])
全体的にふわっとしていますが、中央はそれなりに芯があります。ちょっともやがかかったような状態です。
周辺はけっこう厳しいでしょうかね?減光もけっこうありそうです。

PK1N0002.jpg
(PENTAX K-1/SMC Takumar 50mm F1.4 [絞りF2.0])
中央は、きりっとしています。周辺も乗除に解像してきています。ある程度ものをはっきりさせたい場合は、このくらいのほうが綺麗に見えるかもしれません。十分にボケます。

PK1N0003.jpg
(PENTAX K-1/SMC Takumar 50mm F1.4 [絞りF2.8])
このあたりから、急激に解像しはじめます。
中央は、かなりシャープな状態になりました。同時代のTAKUMAR標準レンズは、50mm F1.4の他、55mm F1.8と輸出向けの55mm F2等がありますが、この絞りぐらいから、似たような解像傾向があります。

PK1N0004.jpg
(PENTAX K-1/SMC Takumar 50mm F1.4 [絞りF4.0])
左に弱い片ボケがあるかなぁ・・まぁこのくらいなら・・
周辺減光はかなり解消しました。

PK1N0005.jpg
(PENTAX K-1/SMC Takumar 50mm F1.4 [絞りF5.6])
片ボケはこのくらから、それほど気にならないレベルになりましたので、F4で遠くを撮らなければ良いだけですね。
しかし、昔のレンズとは思えない素晴らしい画質です。

PK1N0006.jpg
(PENTAX K-1/SMC Takumar 50mm F1.4 [絞りF8])
昔のレンズは、だいたいF8で最も良くなるようにセッティングされてるんですかね?
そう言えば子供のころ、F8に絞って撮ると教わったことがあるような・・
個人的には、このくらいなら描写で問題が起こることはないと思います。

PK1N0007.jpg
(PENTAX K-1/SMC Takumar 50mm F1.4 [絞りF11])
F8とほとんど変わらないように見えますが、データ量的に、このレンズの解像ピークはF5.6のようです。JPGは解像するとデータが大きくなりますので、その点よく分かります。ただ、均一性とのバランスで言えば、F8ということになるでしょう。
遠景を撮る場合は、F8かF11ぐらいが良いのではないでしょうか?

PK1N0008.jpg
(PENTAX K-1/SMC Takumar 50mm F1.4 [絞りF16])
十分使えますが、この絞りをデジタルで使うことは少ないでしょうか?

ざっとこんな感じですが、オールドレンズは、現代のレンズと異なって、開放付近ではふわっとなり、絞ると、ぎゅっと解像します。
ピークの解像だと、現代のレンズとの差は、けっこう分かりにくいぐらい解像します。
肉眼では、なかなか差が分からないでしょうね。
開放付近の描写が、今のレンズとは異なるので、色々と使い分けも可能です。
当然のことですが、逆光耐性は、今のレンズに比べて弱く、コントラストも低めかもしれません。

PK1N0026.jpg
(PENTAX K-1/SMC TAKUMAR 50mm F1.4)
開放を撮りましたので、次は絞って・・たぶんF8だと思います。
いやーいいですね。
隅々まで解像してくれましたし、とても締まりがあります。
AF無くても良いなら、これで十分と思えてしまいそうです。

つづき
posted by 薔薇迷写真部 at 23:22| Comment(0) | オールドレンズ