2018年08月06日

NEEWER 32mm F1.6

DSC01489.JPG
NEEWER 32mm F1.6
NEEWERのEマウント用の交換レンズなんですが、APS-C用のもので、なぜか標準単焦点レンズが3種類ほどあります。なんでまた似たような焦点距離ばかり・・無類の標準レンズ好きですね・・まぁ当方もそうなんですが・・
一番メジャーな35mm F1.7に関しては既に色々とレビューも書かれているようですが、この32mm F1.6に関しましてはマイナーなようでして、やはりどこにも情報が無い感じなわけです。当方、既に大勢がレビュー書いてるものは書いても意味がないので、極力マイナー路線でやってみます。
とりあえずなんですが、同社のNEEWER 35mm F1.2に関しましては所有しているわけですが、性格的には最も遠いと思われるのはこのレンズです。
一応、F1.6というわけで、無理の無い設計なのではないかと予想しますが、NEEWER標準レンズ群の中でも最安値の6千円台・・35mm F1.2よりも4千円ほど安い爆安レンズということになります。
あと35mm F1.7よりも安いというのは、スペック的に考えても不思議な点です。
フルサイズ換算値は48mmほど。
しかしながら、フルサイズ機と50mmレンズを持っていながらAPS-C用の標準レンズをフルサイズ機に付けて楽しむとか、煩悩としか言いようがありません・・

DSC01490.JPG
質感は35mm F1.2 同様になかなか良いです。ピントリングはずっと軽めで、とてもなめらかに動きます。なんかレンズ周りに拭き後みたいなのがあるのは安物品質でしょうか?

DSC01492.JPG
絞りは円形ではありませんね・・

DSC01491.JPG
後玉は小さいです。APS-Cだとここまで小さくできるんですね。

DSC01494.JPG
被写界深度目盛は、やはりありません。絞りリングは中華お馴染みのクリックレスタイプで、滑らかに無段階に動きます。

DSC01499.JPG
α7Uに付けてみました。当然ながらレンズ無しレリーズの許可と、APS-C撮影の設定をする必要があります。デザインの傾向は32mm F1.2と同じ傾向ですが、随分と薄いです。

DSC01496.JPG
お出かけ用にフードを搭載してみました。やはりマニュアルフォーカスレンズにこれは似合いますね。

2019/05/30 追記
チャートによる測定を追加。
クリックで等倍鑑賞可能です。
あまり立派なチャートでもありませんので参考程度に・・
DSC01397.JPG
(SONY NEX-6/NEEWER 32mm F1.6 [絞りf1.6])
中心部はとてもよく解像しています。しかしながら、周辺はかなり残念な状況
歪曲は少ないように見えますが内部の線が複雑に変形していて円も綺麗に描けていません。結構複雑な歪曲をしている模様。

DSC01398.JPG
(SONY NEX-6/NEEWER 32mm F1.6 [絞りf2.8])
徐々に解像している領域は広がっていますが、まだまだな感じ。

DSC01399.JPG
(SONY NEX-6/NEEWER 32mm F1.6 [絞りf4.0])
左は片ボケっぽいですね・・中央は素晴らしいです。

DSC01400.JPG
(SONY NEX-6/NEEWER 32mm F1.6 [絞りf5.6])
これはおそらく、かなりの像面湾曲があります。周辺と中央は同時には解像しないでしょう。

DSC01401.JPG
(SONY NEX-6/NEEWER 32mm F1.6 [絞りf8.0])
左の片ボケは強烈なようです。中央付近だけ素晴らしい解像です。

DSC01402.JPG
(SONY NEX-6/NEEWER 32mm F1.6 [絞りf11])
コントラストが少し落ちたでしょうか?

DSC01403.JPG
(SONY NEX-6/NEEWER 32mm F1.6 [絞りf16])
周辺部の文字が浮かび上がり、なんとか読める状態に。

DSC01404.JPG
(SONY NEX-6/NEEWER 32mm F1.6 [絞りf22])
周辺はある程度解像してきましたが、全体的に実用範囲外でしょうか?

DSC01407.JPG
(SONY NEX-6/NEEWER 32mm F1.6 [絞りf8])
像面湾曲が強めにあるようなので、周辺にピントを合わせてF8で撮影です。
それでも周辺先端は解像せず、中央のピントは完全に外れています。
このレンズの像面湾曲は強すぎるので、遠景の撮影には向かないでしょう。
むしろ、接写性能を生かして、小物や花等を撮るのには向いているかもしれません。
コントラストは十分にあると思います。

単純な光学性能としてはNEEWER 32mm F1.6はNEEWER 35mm F1.2に遠く及ばない雰囲気です。しかしながら、こういったレンズに求められるものは味なわけで、どういう雰囲気の写真が撮れるか?というのが一番の見どころでしょう。
とりあえず出かけてみます。

DSC03773.JPG
(SONY α7U/NEEWER 32mm F1.6/絞りf.16)
オオハナインコの花太郎さんです。ん、玉ボケの傾向はややレモン型か?しかしコントラストは35mm F1.2より高いであろうことは一目でわかります。シャッタースピードは1/320秒となります。

DSC01512_35.JPG
(SONY α7/NEEWER 35m F1.2/絞りf1.2)
α7に35mm F1.2を付けています。やはりコントラストはこちらが低いようです。まぁ、同じ絞りにしないとフェアではありませんが、一応絞ってもこの傾向があります。こちらのほうが解放F値が低いのでシャッタースピードは1/500秒です




DSC03789.JPG
(SONY α7U/NEEWER 32mm F1.6/絞りf1.6)
明らかな周辺減光。心象風景の表現に使えそうです。

DSC03806.JPG
(SONY α7U/NEEWER 32mm F1.6/絞りf1.6)
中距離でのボケはこんな感じ。

DSC03809.JPG
(SONY α7U/NEEWER 32mm F1.6/絞りf1.6)
薔薇です。いい感じにボケてますね。あと気が付いたことですが、35mm F1.2よりもかなり寄れる印象です。玉ボケは、やはりレモン型になるようですね。しかしながら35mm F1.2よりも癖がないかもしれません。

DSC03845.JPG
(SONY α7U/NEEWER 32mm F1.6/絞りf1.6)
逆光耐性は、やはり低めです。フレアはこういった傾向ですが、35mm F1.2よりもごちゃごちゃせず綺麗に出ます。

DSC03856.JPG
(SONY α7U/NEEWER 32mm F1.6/絞りf1.6)
逆光耐性は弱いながら、35mm F1.2よりもはるかに強いという感じです。光源は天井にあります。

DSC01523_35.JPG
(SONY α7/NEEWER 35m F1.2/絞りf1.2)
こちらが35mm F1.2の逆光耐性・・はるかに低いことが分ります。しかし効果的に使うことは可能でしょう。

DSC03754.JPG
(SONY α7U/NEEWER 32mm F1.6/絞りf8)
照明を使って絞って撮ってみます。それなりに解像感はありますね・・

DSC03759_35.JPG
(SONY α7U/NEEWER 35mm F1.2/絞りf8)
解像そのものは35mm F1.2のほうがしている雰囲気があります。

DSC01581.JPG
(SONY α7/NEEWER 32mm F1.6/絞りf8)
色々ツッコミどころ満載の描写・・中心以外解像してません・・それに左は少々片ボケかも。周辺解像しないレンズだから、わずかなことでも、どちらかに片ボケしやすいんでしょうね。しかしながら、これで中華レンズ沼に入らずにすみそうです。

DSC01580.JPG
(SONY α7/NEEWER 35mm F1.2/絞りf8)
やはり35mmのほうがずっと優れています。一応実用になるかと・・

DSC01583.JPG
(SONY α7/Samyang 35mm F1.4 as umc/絞りf8)
ちょっと気の毒すぎるけど、Samyang 35mm F1.4 as umcとの比較・・まぁ勝負になっていません。このレンズのライバルはずっと高性能な日本やドイツのレンズです。

DSC01584.JPG
(SONY α7/TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD/絞りf8)
ズームレンズの35mm付近です。どうこう言いながらズームレンズも進化したものです。現代の高性能単焦点レンズであるSamyang 35mmには全体としては及ばないものの、やはりライバルは他のところにいますね。今気が付きましたがSamyangとTAMRONって色ののり具合とか色の傾向が暖色で似てるんですね・・中華は寒色です。

DSC03817.JPG
(SONY α7U/NEEWER 32mm F1.6/絞りf1.6)

DSC02202.jpg
(SONY α7/NEEWER 32mm F1.6/絞りf8)
ざざっとこんな感じですが、NEEWER 32mm F1.6は安価ではありますが、中央はそれなりに解像して、周辺減光もあり、雰囲気のある描写をします。
同じNEEWERブランドの中に競合製品があるわけですが、単純な光学性能としては35mm F1.2のほうが値段も高いこともあり、けっこう高性能と思われます。ただし、逆光性能とコントラストは上。ボケの癖は、こちらのほうがやや少なく、あと寄れます。扱いやすさもこちらが上。
雰囲気描写はこちらのほうが得意そうなのと、性格も大きく異なるため、色々な用途で使い分けることが出来そうです。
トータル性能と値段の兼ね合いから、どういったものを選ぶのか?安物中華レンズの比較参考まで。
ちなみに当方、このレンズと35mm F1.2は写真部の教材に使おうと思っております。ボケ量やら収差やら周辺減光やら逆光耐性等レンズの持つ諸問題と、その対策の説明に便利なのです。

レンズプロファイル











posted by 薔薇迷写真部 at 22:54| Comment(0) | 中華レンズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: