2018年10月18日

七工匠 7Artisans 12mm F2.8

PK1N0003.JPG
七工匠 7Artisans 12mm F2.8
このレンズはAPS-Cミラーレズ用のレンズで、超広角域の撮影が出来るレンズなんですが、いえ、なんか沼に入っていませんか?と思えてしまう今日この頃です。
なんと言いますか、中華レンズは面白いんですよ・・
ある意味、韓国のレンズとかは、日本のレンズに近いものを感じるのですが、中華は一味も二味も違うという感じです。
オールドレンズ的とも言えるのですが、じゃあこういうオールドレンズがあるか?と言われると、う〜ん・・無いかもとも思えてしまうのが中華レンズです。
たまたまそういうのが当たっただけなのかもしれませんが、癖になってしまいました。

PK1N0004.JPG
毎度のことですが、このレンズも造りは良いです。
絞りリングは、中華レンズらしくクリックレスタイプ。
金属製でコンパクトで、それでいて、けっこうずっしりと重いという感じです。
個人的に七工匠のレンズはデザインが良いと思うのですが、どうでしょう?
値段的にもNEEWERやMEIKEより一ランク上という感じです。

PK1N0007.JPG
絞りはこんな感じだけど小さくてよく分かりません。
絞り羽根は7枚とのこと。

PK1N0008.JPG
後玉はこんな感じで小さいです。
APS-Cというのもあるでしょうが、ミラーレスは後玉小さく出来るんでしょうかね?

PK1N0010.JPG
嬉しいことに、被写界深度目盛が付いています。
ここまでの中華レンズには付いてなかったので、これはうれしいですね。
めったに使いませんが・・
これは技術的な問題ではないので、一つ言わせてもらうと、この魚眼のように小さなフードは無いと思います。フルフレームで確認すると分かるのですが、随分と隙間がある感じです。他の広角を見ても、この焦点距離であるならば、もう少し大きなフードを付けていると思われます。コーティングが弱いのなら尚更です。

PK1N0011.JPG
キャップは金属製。七工匠という漢字が良いですね。7人の職人という意味でしょうが、社員はもっと多いでしょう・・当然か・・

DSC02017_.jpg
(SONY α7U/7Artisans 12mm F2.8[F8])
レンズの歪曲収差はこんな感じで、この手の広角レンズとしては、とてもよく補正されていると思います。
ほぼ問題ありません。建築写真やストリートスナップにも使えると思います。

DSC02017-1.jpg
(SONY α7U/7Artisans 12mm F2.8[F8])
せっかくなので、レンズプロファイルを作ってみました。とりあえず歪みはだいたい直っています。
※このプロファイルは中距離〜無限遠ぐらいに対応したものです。

DSC01902_.jpg
(SONY α7U/7Artisans 12mm F2.8)
とりあえず、開放付近の描写はこんな感じです。まぁ広角だしこんなもんでしょう。
寄れるという印象です。

7Artisans 12mm F2.8
このレンズ、近接撮影では画角が少し狭くなります。ズームレンズではありませんが、いくらか焦点距離が変わります。これそのものは珍しくない現象ではありますが、抑制率が低いことと、レンズの被写界深度が深いため、特別分かりやすいのだと思われます。
この現象は、抑制されたレンズとされていないレンズとで差が出てきます。あとマクロレンズなどは変化が顕著です。このレンズが寄れることも関係なくはないかもしれません。
無限遠→近接での撮影で、画角が狭くなるという感じです。12mm〜14mmぐらいでしょうか?下の動画はフルサイズで撮った映像なので、比較すると換算18mm〜21mmぐらいで動いているのではないかと推測されます。
はっきり、分かりやすく確認できるので、気になる人は気になると思います。
SIGMA 20mm F1.8 EX DG Aspherical
ただ、珍しくない現象ではあるので、気になる場合は他のレンズ何本かと比べてみると良いかもしれません。けっこう大きく変わるレンズは多いのですが、定位置からピントを動かすと、ボケるので、それがふわっと広がるという感覚に見えて、焦点距離が変化していることに気が付かない場合も多いのでしょう。
このSIGMAのレンズは、7Artisansのレンズよりもズーミングが抑制されている感じですが、代わりにズーミングとともに歪曲が変動しているのが確認できます。リアフォーカスなことと関係があるかもしれません。

とりあえず出かけてみましょう。

DSC01890_.jpg
(SONY α7U/7Artisans 12mm F2.8)
コントラストも高めで良い感じですね。

DSC01906_.jpg
(SONY α7U/7Artisans 12mm F2.8)
出かけるの遅かったので、外は徐々に暗くなっていきます。
広々としていますね・・
当方、超広角は滅多に使わないので、何を撮れば良いのかよく分かりません。
コントラストは、やはり高いようです。

DSC01897_.jpg
(SONY α7U/7Artisans 12mm F2.8)
空を見上げてしまいます。緻密で繊細な描写。

DSC07211.jpg
(SONY α7U/7Artisans 12mm F2.8)
暗くなってしまいました。
これでは分かりませんが、逆光耐性はそれほど強くない模様。
しかしながら、それを生かした撮影を考えてみるのも面白いのではないかと。

DSC07219.jpg
(SONY α7U/7Artisans 12mm F2.8)
やはり、超広角ということで、パースを生かした撮影ということになるのでしょうか?

翌日、毎度ながら壁を撮ってみました。
DSC02014.JPG
(SONY α7U/7Artisans 12mm F2.8[F2.8])
絞り開放ですが、けっこう全体的に解像してくれる感じです。四隅は少々弱いですが、この手のレンズとしては十分でしょうか?

DSC02015.JPG
(SONY α7U/7Artisans 12mm F2.8[F4])
周辺の解像も、いくらか良い感じになりました。このレンズは値段を考えると非常に優秀ですね。

DSC02016.JPG
(SONY α7U/7Artisans 12mm F2.8[F5.6])
良いですね。四隅の先端だけは少々流れますが、イメージサークルが足りないといった感じでしょうか?ここからも流れる感じかもしれませんね。
右上部方向だけ、やや片ボケかなぁ?
これは、もう少し見ていかないと分からないですが、方向的にはあまり困らないかも・・
こういった、周辺を解像しにくいレンズですが、だいたいどちらかにやや片ボケというのは国産、海外産に限らす起こりやすいという印象です。というのも周辺ほどピントが浅いという傾向があるからシビアなのだと思いますが・・

DSC02018.JPG
(SONY α7U/7Artisans 12mm F2.8[F8])
非常に均一性の高い描写。四隅も解像しています。完全に実用になるかと・・

DSC02017.JPG
(SONY α7U/7Artisans 12mm F2.8[F16])
絞りリングに書かれている数字は、F8の次はF16です。解像感は回折現象なのか、少し落ちた感じです。
しかしながら、かなり均一性の高い画像になりました。

DSC02025-1.jpg
(SONY α7U/7Artisans 12mm F2.8[F8])
この画像は等倍鑑賞可能です。
遠景でも、下の隅を見ると分かるのですが、やや流れています。
これはレンズが非常に小型なことを考えても仕方がないことでしょうか?
もしかしたら、このクラスではMEIKEも同じスペックのレンズを出しているのですが、そちらのほうが大型で優秀かもしれませんが、使ってないので分からないところです。どちらにするのか迷いましたが、こちらが小型なので選びました。
とりあえず、値段を考えると非常に優秀という感じで、今のところ、出てくる絵には特別な癖も感じません。
自分が持っている日本メーカーのAPS-C用広角ズームよりは歪みもありませんし、全体感として上の画像を提供してくれるという感じです。値段は1/3ほどなのでパフォーマンスは高いですね。

DSC02173-2.jpg
(SONY α7/7Artisans 12mm F2.8[F4])
七工匠 7Artisans 12mm F2.8は、値段を考えると非常に優秀で、かつコンパクト、超広角でAPS-Cというのもありますが、F5.6ぐらいに絞れば、非常に被写界深度が深く、中距離にピントを合わせると何でも被写界深度に収まりますので、動体でも撮影可能です。
逆光には少々弱いと感じましたが、七工匠のレンズで逆光に強いレンズというのは聞いたことが無いのでこんなものなんでしょう。
それ以外の点では、コントラストはそれなりに高くて、歪曲も少なく、抜けも良くて普通のレンズとして使用可能です。
解像もそれなりにするので、安い広角を求めている方ならば買いでしょう。

レンズプロファイル

関連
posted by 薔薇迷写真部 at 23:16| Comment(0) | 部長の独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: