2018年12月04日

Amazonベーシック 170cm(67インチ) ビデオカメラ用三脚 バッグ付き

DSC07673.JPG
アマゾンベーシック 170cm ビデオカメラ用三脚 バッグ付き です。

最近、こういった安物に非常に興味がありまして、といいますか、当方、そもそも映像作家(アニメーション寄り)なので、こちらに割くお金が無いもので、コスパ重視で機材は選びたいと思っております。
あと、田舎の宿命なのか、広く浅く何でも出来ないといけないという感じで、分業のような感じにはなっていないのが実情。
とか言い訳をしていますが、実際のところビデオ三脚は普通に持っております。。
単純に、この価格帯のものがどのくらいのレベルなのかに興味がありました。
あと、三脚そのものは、けっこう沢山あっても困らないのです。
雲台次第で様変わりしますし。
で、この商品の中で興味があったのは三脚の足の部分と、ショルダーの袋でしょうか。

宅配業者から受け取った時の印象は、「重っ!」という感想です。
はい、重いです。昔の三脚みたいです。
で、中身を見ての感想は、「これは予想外に良いものだ」というものでした。
袋だけで2000円払っても良いという感想で三脚そのものも5000円は払っても良いでしょう。雲台は・・
で、総額は3800円ほど。高い時と安い時があるので注意が必要です。8000円以上することもあります。
どうやら、もっと安かった時代があるようですが、それから型が変わってはいるようです。

DSC07674.JPG
雲台は、筋トレできるぐらいの重量があります。これにレバーを付けて持ち上げれば、手首も鍛えられそうですね。筋トレ用としては、なかなか優秀な雲台です。
ではビデオカメラに使うならどうか?と言われますと、?という感じもします。
見た目は立派で、一見良いものに見えるのですが、どうやら油圧式では無さそうで、動かすのには工夫が必要そうです。分解して、各所にグリスなど塗ったら、もしかしたら使いやすくなるかもしれませんが、動きは滑らかではないといういか、少々残念な動きをします。
しかし、置物や筋トレ用に使うのも何ですから、そのうち良い使用方法を考えてみたいところです。
もちろん置きっぱなしの撮影ならば何ら問題はありません。機材運びは重くなりますが・・

DSC07676.JPG
カメラ三脚に取り付けるために、何年か前に購入したベルボンのビデオ雲台を取り付けてみました。
雲台の取り付けねじは3/8インチで、中華は、このサイズが多いです。比較的小さな、トラベル三脚なんかもそういうのが多いですね。1/4インチタイプ固定のものは付きませんので注意が必要です。日本のは1/4サイズが基本的に多いと思いますが・・
所有のカメラの三脚はカーボン製で軽すぎるので、使っていると足が上がってしまう難がありましたし、重りを付けても、なんか使いづらいという印象がありましたが、大きすぎず小さすぎずで、重さも適度、やはり動画撮影にはこのくらいの重さは欲しいです。見た目のバランスも良いですし、これはかなり使いやすそうです。というか、これをしたかったのです。
強度も、なかなかありそうで、これは良いものだと思いました。
この三脚にスチルカメラ用雲台も取り付けてみましたが、レリーズが付けられない MiNT Instant Flex TL70 2.0 でもしっかり固定して、ぶれのない撮影が出来ました。
三脚部分と袋だけでも価値がありますし、雲台が余っている方は買いかもしれませんね。もしくは、カスタマイズして使う方。
雲台を付けたままでも袋に入りますし、やる気が出てまいりました。
次に動画撮影の仕事が入ったら、これを使ってみようかと思います。

posted by 薔薇迷写真部 at 19:43| Comment(0) | 部長の独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: