2018年12月05日

Neewer カメラビデオ三脚用3WAY雲台

PK1N0019.jpg
Neewer カメラビデオ三脚用3WAY雲台
なんと言いますか、雲台です。
雲台には困っていないのですが、愛用のベルボンやスリックが小汚くなってきたのと、中華のトラベル三脚の自由雲台と交換できる、安価な雲台として購入しました。
中華三脚は、アマゾンベーシックのビデオ三脚と、名前の分からない軽装時代と書かれたトラベル三脚の二つ所有です。
これらは、非常に安価で、どちらも5000円以下だったのですが、予想外に良く、手荒に扱う道具だし、中華でも十分じゃないか?と思い始め、とりあえずの3WAY雲台を購入。
最初に箱から出した印象ですが、「予想外に良い」でした。
Neewerの撮影用機材は、コストパフォーマンスが非常に高いので、映像制作で物量作戦をとるときなど重宝しております。
値段に対しての価値に関しては、非常に信頼しているメーカーで、短期間で大量の資材を投入したこともあります。例えば映画製作等。

PK1N0025.jpg
とりあえず組んでみました。
まず最初に思った事ですが、グリスの感じなのか、各所が、ビデオ雲台のように滑らかに動くという感想です。
ここでビビッときたのですが、これってスチルとビデオ、両方使えるんじゃあるまいか?と思ったわけです。というか名前もNeewer カメラビデオ三脚用3WAY雲台
もちろん、このNeewerの雲台は、形状的に、説明を見ても、基本スチル用として売られているわけですが、シュープレートが付いている方向を見ても、ビデオに向いている方向でもあります。
もちろん、グリスの粘性がある間の仕様ということになるでしょうが、外観からして六角レンチで簡単にメンテナンスも出来そうな雰囲気。
スチルだと縦撮りもあるので、横方向に付けたほうが撮りやすそうです。
今まで、スチルビデオ共用の安物といえば、動きが完全にスチル用で、スカスカなものが多く、ビデオ撮影にはつらいものが多かったのですが、これは違うかもしれません。

PK1N0026.jpg
3000円程度と安価な雲台ですが、一応水準器も付いています。
ですが、最近、カメラに水準器が付いていて、そちらのほうが正確なので、ほとんど使うことは無いかもしれません。二眼レフチェキを使うときぐらいでしょうかね?
こういう機材って基本、頑丈さと重さ、あと使いやすさが、機能のほとんどを占めると思うのですが、少なくとも、重さ以外の点は抑えている感じ。
でも三脚って重いほうが良いこともあるし、用途色々ですね。

PK1N0028.jpg
シュープレートの裏側です。
このつまみは少々頼りないですが、壊れるまでは使えるでしょうし、一応溝がありますので、壊れても使えるでしょう。

PK1N0034.jpg
インコのとまり木としても十分機能します。
外側に、ウレタンやゴムパーツが少ないため、かじられる心配が少ないのも良いですね。

とりあえず、適当に動かしてみた動画。
うん、ビデオ雲台的な動きをしますね。共用としては、とても滑らかな動き。
強度も十分ありますし、万能選手かもしれません。

DSC07680.jpg
アマソンベーシック ビデオ三脚に取り付けた様子。
なかなか良いです。
この組み合わせは重いですが、事のほか頑丈です。野外のインターバル撮影等では威力を発揮しそう。少しの風では揺れないのではないでしょうか?

DSC07685.jpg
こちらが本題、中華トラベル三脚に取り付けてみました。おそらく、軽装時代 カメラ三脚 Q555と同じタイプのOEM。元々付いている雲台は、自由雲台タイプのものです。
この三脚は、かなりしっかりしていますし、とてもコンパクトなので、今後主力になるかもしれません。サイズとしても、耐荷重も高く、値段あたりでは最強クラスのOEMだと思っています。正直、下手な国産よりも良い感じです。購入時は5000円以下だった記憶があります。アマゾンベーシックのトラベル三脚と同価格帯だったのです。
確かにベルボンは良いのですが、長いので、最近運ぶのが面倒です。
これなら小さなバッグに収まりそうなので、写真部では、これメインで使うことになりそうです。

Neewer カメラビデオ三脚用3WAY雲台は、3000円ほどとしては、驚異的なパフォーマンスを持っているのではないかと思われます。
もちろん専用としては心細いですが、スチルを撮りにいったけど、ビデオも撮って帰ろうというときも、非常に滑らかに動くので、それなりに活躍してくれるかもしれません。
三脚の折付けねじは、1/4と3/8インチ共用で、どちらでも付けることが可能です。
メンテナンスも出来る方なら、色々と末永く使える雲台なのではないかと思われます。

posted by 薔薇迷写真部 at 18:02| Comment(0) | 部長の独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: