2019年04月29日

PENTAX K100D Super 600万画素CCDは今でも有効なんでしょうか?

今は搭載されていませんが、昔はCCDという撮像素子が、普通に搭載されていました。
とか言わなくても、まだ通じるCCDですが、ものすごく久しぶりにCCDのカメラを使ってみました。
何年かに一度やってみるのですが、古いカメラはどうだったかという確認と、現在の処理技術で現像した写真に興味があるからです。
こういうのは、何度もやってたら見慣れてしまうので、しばらく時間を置いてやると分かりやすいのもあります。
あと、CCDはCMOSとは基本的に画質が異なるので、使ってたカメラは売らずに残してます。売っても大したお金になりませんし。
昔は、高画素化による弊害に関してよく言われていたものですが、そういうのもあって、低画素機は手元に置いておきたかったのもあります。
あと、ぼくが初めて使ったデジタル一眼レフ機はK100Dだったのもあり、その発展型のSuperは、保管の意味も込めて購入したのもあります。

PK1N0023.jpg
さて、このK100D Superなんですが、久々に持ってみた感想は・・

☆思ったより重い (乾電池仕様によるものか?)
☆ファインダーが小さい、見にくい
☆AFの音が大きい (今のペンタ機種も、ボディー内モータを使えばうるさいけど、それよりも大きい)
☆シャッター音が大きい (ガシャッという音)
☆動きがもっさり  (あらゆるレスポンスは良いとは言えない とにかく遅い)
☆液晶が小さく、確認画面の画質も悪く、レスポンスが悪い

とくに褒められた点は無いようです・・というか、この10年で、カメラが随分改良されたのがよく分かります。
しかし待て・・
最も重要な画質はどうなのか?
当時の話ですが、K-7が出てくる少し前が、当方がデジタル一眼を始めた時期です。
K100DとK10Dの二台体制で、SIGMAのSD14も持っていました。(すべて今も持っている)
K-7は購入しましたが、K100DやK10Dに対して、画質が好きになれず、K-5の登場とともに、すぐに手放したような記憶があります。
K-7のボディーは、現代的な感じで、レスポンスも良く、グリップのフィット感もバッチリで良いカメラだったのですが、ベタッっとしてのっぺりとした画質が好きではありませんでした。あと、何だか立体感に乏しいとも思っていました。
この点は、当時のキヤノン機にも感じていましたが、それが撮像素子の違いということは、すぐに気がつきました。
K-5の時も同じことを感じていて、メイン機は相変わらずk10Dだったのです。
ただ、この時から、カメラはぐっと現代的な画質になって、高感度も劇的に良くなりました。この時期から、センサーの高画質化も鈍化して、この後に出るK-5Usのあたりから、基本的な画質の向上は、それほどありません。その代わりセンサーの処理速度は速くなりました。
K5Usで、ローパスレスの味を知ってから、やっと本格的にCMOS機を使うようになって、CCD機は退役しました。

IMGP0723.jpg
(PENTAX K100D Super/SMC PENTAX-DA 70mm F2.4 Limited)
久々に撮った写真がこれです。
実は、このような記事を書こうと思って撮ったものではなくて、ペットの日記用に撮った写真です。
そんな感じですが、この写真を見てから、今更CCDの低画素機を見直してみようと思ったわけです。
というのも、最近はフルサイズ機を使うことが多くなりましたが、この写真のほうが、妙に立体感があると感じたからです。これは、もちろん、しばらく見なかったことによって新鮮に見えるから、そう感じる面もあるかもしれません。よくある、新型機で初めて撮った時に感じる写真が綺麗になった感に近いものがあるかもしれません。見慣れたものと違うものが出てきたら、人間インパクトを感じてしまったりするものだと思います。
このカチッとした感じは、CCDが生み出す、独特の質感によるものだと思いますが、細部描写は甘いにも関わらず、妙に立体的になります。マイクロコントラストの違いによる影響かな?細部を高テクスチャ化することで立体感を増すというやり方は、絵画では普通にやります。ボケの諧調は対比されるためか異様に滑らかに見えます。
あと、CMOSが光沢紙的な絵を出すのに対して、CCDはマット紙的な絵を出すように思います。






IMGP0750.jpg
(PENTAX K100D Super/SMC PENTAX-DA 70mm F2.4 Limited)
とりあえず翌日改めて撮ろうかと思っていたわけですが、雨が降ってしまったので、室内で照明で撮ってみました。
分厚いローパスフィルターがあるため、細部は繊細ではないと思いますが、等倍にしないと分かりません。等倍にした場合、毛が太いと感じます。
立体感はあるようです。
質感も良いですね。
何も言わずに出せば、今の機種だと言っても誰も気が付かないかもしれません。ただ色の出方がCCDなので、そういうところに気が付く人であれば気が付くかもしれません。少しシックな感じと言いますか。
ここで重要な事ですが、この写真はRAWで撮っています。jpgだと、流石にjpgエンジンの性能が違いすぎて差が出てしまいます。生画像を現在の現像ソフトで使う事で、この画質が成り立っています。
ですが、ネットで使うにせよプリントするにせよ、スマホと明確に画質が違うというところを見せるならば、RAWで撮る必要があるでしょう。これは現在でもそれほど変わらないかもしれません。

PK1N0012.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-DFA 100mm F2.8 WR)
K100D Super には気の毒ですが、同社のフルサイズ機と比べてみます。換算値に関係で100mmレンズを付けています。
センサーそのもののサイズの違いがありますし、画素数は6倍の3600万画素で、しかもローパスレスです。
センサーは大きいですが、画素数の大きな差で、画素ピッチはK100D Superのほうがはるかに大きいことになりますね。
センサーサイズの差で大きな差が出るかと思いましたが、それほど差が出ませんでした。
上の写真もこの写真も絞りはF8の設定です。
インコはずんぐりしていて、立体感が出やすい鳥ですが、個人的には差がないように見えます。まぁレンズが違いますが、センサーサイズの差ほどそういうものの差が無いといった感じでしょうか?
というか、CMOSの画質は、使い始めた当初から、のぺっとしていると思っていたので、その時の印象のままです。
尚この写真はリサイズして、600万画素にしています。
元の画像は、等倍にしても流石に緻密なんですが、見た目の画質はこのままです。
つまるところ、見た目の画質というものは、予想外に進化していないのではないかと思えます。

はっきりと違いが分かるのは、拡大したときでしょうね。
画像1.jpg
PENTAX K100D Super 毛が太く見える マイクロコントラストが高いためでしょうか?

画像2.jpg
PENTAX K-1 毛が繊細 毛一本一本のコントラストは、全体のコントラストに対しては低め?

とまぁ、条件の良い場合の写真の比較だと、最近の機種も、普通に見る分には予想外に進化していないことが分かります。
もちろん、ペンチマークにかければ、旧機種はボロボロに負けるでしょうが、最終的には機種の性能に関して何も言わないのであれば、実用域での見た目が一番重要な気がします。
なので、現行機種のサブ機にも使えますし、少し趣の違う写真を撮るのにも、旧機種は使えるといった感じです。
あとですが、カメラはもっさりしているものの、RAWで撮った場合、現像ソフトにかけると驚くべき軽さです。RAWも10MB以下で、ファイルサイズそのものが小さいため沢山扱うのも苦になりませんし、A4ぐらいのプリントだと、ほとんどそん色のない写真が撮れる感じです。
ただし、白とびは非常にしやすいのでご注意を。今のSONY製のCMOSはその辺り非常に粘ります。
アンダー気味に撮って、現像で少し上げるというのが基本でしょうか。

というわけで、現在K100D Super を使うとしての利点と不利な分部を書いてみると。

利点

☆軽いデータ
☆十分な画質 低感度での画質が良い
☆マイクロコントラストが高いせいか、妙に立体感がある
☆全体感として、妙に説得力がある写真
☆中古価格はとても安い
☆データが小さく、後処理が楽

不利な分部

☆高感度画質が悪い、一段上げるだけでも大きな差
☆動作がもっさり
☆小さく見にくいファインダー
☆白とびしやすい
☆操作系がエントリー機
☆何かと音が大きい

といった感じでしょうか・・

最近のカメラに飽きてしまった場合、極端に古い、撮像素子そのものの性質が違う機種を使ってみるのも面白いかもしれません。
撮像素子の違いは、フィルムの違いみたいなものなので、新にフィルムを加えるという意味でも、個人的には面白いと思います。
個人的には、ならばCCDでローパスレス、今の画素数ということを考える場合、645Dぐらいしか思いつきませんが、現在では流石におすすめは出来ないかな?一応唯一無二といえばそうで、これに変わるものは、いわゆるデジタルバックが付く中判しか思いつきません。そうだとすれば、やはり645Dかな?
というかレフ機はこれからどうなるんでしょうかね?

posted by 薔薇迷写真部 at 00:39| Comment(0) | 部長の独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: