2019年05月26日

MiNT InstantKon RF70 に興味あり

a4b14b97-e950-4448-be77-5e652c9653db.jpg
MiNT InstantKon RF70
これ、チェキのワイドフィルムを使ったレンジファインダー機なんですが、とても興味があります。
というかMiNT社は面白い事を考えるなぁと感心します。
同社の二眼レフカメラTL70を使っているので、同社からのメールで知っていたのですが、今日のメールは購入案内でした。
今度は二眼レフではなくて、レンジファインダー機ですね。
TL70に対して二倍以上大きなフォーマットで撮るわけで、画質にも期待できそうです。フィルムのサイズ=写真のサイズなわけで、チェキの通常版はだいたい6x4.5cmでこちらはもっと大きく62x99mmで、だいたい6x10の中判としても大きなサイズです。バケペン等の6x7判より大きいので、ボケにも期待できますね。
残念なのは、チェキフィルムはiso800という点・・
100は無理でも200か400は欲しいところ。iso100等があれば、スキャンして引き延ばしても普通に使える中判写真が出るのではないかと想像してしまいます。
でもまぁ、本格的な中判撮影が出来そうということで期待値は大きいです。これは買いませんが・・
この機種は、レリーズも使えるのだから、TL70よりも高度な撮影が出来そうです。ただ、個人的にはTL70でフルマニュアルな機種がほしいというのもありますが、まぁ制約というのも楽しいといえば楽しいのです。
操作系が簡単なことで、逆に難しい理屈を考えながら撮影したりするわけで、多灯撮影とかする時は、いよいよ考えなければならないというのも面白いのです。
この機種だと、マニュアル操作も充実しいて、もっと簡単に色々と出来そうですが、とりあえず今のTL70で何が出来るのか考えて楽しむことにします。


posted by 薔薇迷写真部 at 12:03| Comment(0) | 部長の独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: