2018年11月26日

小動物や小物を綺麗に撮ってみよう!おさらい

pakira1.jpg
皆さま、写真教室お疲れさまでした。
今回は、小動物や小物を綺麗に撮ってみる回でした。

少しおさらいです。
一般照明で、背景が明るく、被写体も明るい色の場合は、Mモードで+1EV〜+1.7EVぐらいが表示される設定にすると、全体が明るく綺麗に撮れました。
もし背景が黒い場合はその逆で、-1EV以下になるようにすると、それらしくなります。

テキストの内容を再確認してみてください。
必ず綺麗に撮れます。
もし、どうしても周囲が暗い場合は、iso(感度)を上げてみましょう。ですが、上げすぎには注意です。

背景をぼかしたい場合は、F値の数字の低いレンズを付けてみましょう。例えば、F1.8とかF1.4と書かれたレンズです。
この数字は、レンズに書かれていますし、レンズの名前にも書かれています。

段についての説明をします。
今回設定した数値を思いだしてみましょう。
以下の3つです。

シャッタースピード・・分数で書かれている数字です。1/125や1/60のように表示されています。

F値・・絞りの数値です。F1.4とかF5.6とか書かれていた数字です。

iso・・感度です。iso100とかiso400とか書かれていた数字です。

シャッタースピードは速いほど瞬間を捉えることができます。1/125というのは1/125秒でシャッターをきるという意味です。慣れないうちは普通のレンズでも1/40ぐらいは確保しましょう。これでしっかりと体を固定して撮れば手振れは防ぐことができます。暗くて確保できない場合はisoを上げます。
シャッタースピードの1段は1/30→1/60→1/125のように、およそ2倍ずつ変化します。

F値は光の通り道の広さです。絞りを閉じたり開いたりしていた、あれです。数字が低いほど、光の通り道が広くなります。その光の通り道が広いほどボケるという仕組みでした。
F値の1段は、およそ1.4倍ずつ変化します。F1.4→F2→F2.8→F4→F5.6→F8という感じで変化していきます。
一段絞ることで、光の通る量は半分になります。この時、絞りの穴の部分が小さくなっていたことを思い出してください。光の束が細くなるので、ボケが小さくなり、ピントが合っている部分が深くなります。

isoは数字が高いほど、画質を犠牲にします暗い場所が明るく撮れます
isoの一段は100→200→400という感じで2倍ずつ変化していきます。

この三つの関係を考えると、どういった写真が撮れるのか理解できます。※実際には、設定はもっと細かく分かれていますが、この基本数値を覚えると便利です。

1/60 F1.4 iso100 という設定で写真を撮ったとします。1段ボケを抑えて同じ明るさの写真を撮りたいなぁと考えるとします。この場合の設定は1/30 F2 iso100 ということになります。これだとシャッタースピードが不安だなぁと考えると、iso感度を1段上げるということになります。答えは、1/60 F2 iso200 ということになります。これらの設定の写真は似たような明るさの写真になります。
こういった設定で、同じ明るさの写真で表現を変化させたり、手振れを抑えたりすることができます。


この後、ストロボ多灯撮影の基礎を行いました。
これは、テキストには無かった番外編なので、以下に説明します。
ストロボ2.jpg
マニュアル発光のコントロール用のストロボをカメラ付けた場合です。
この場合、外部に取り付けていたストロボをスレーブ発光させると言います。
スレーブ用のストロボはS1という設定で、コントロール用のストロボと同調して光りました。
S1発光は、マスターが1回発光したことで連動して発光します
ストロボの同調速度はカメラの機種によって様々ですが、最近の機種だと、だいたいシャッタースピード1/160以内ならば大丈夫でしょう。一部1/125ぐらいでないと撮影失敗する機種も確認しています。

ストロボ.jpg
こちらは、カメラの内蔵ストロボを使用した場合です。
この場合はカメラの内蔵ストロボはTTLオートで発光します。見た目は1回しか発光していないように見えますが、実は2回発光しています。1回目で、周りの明るさを測定して2回目で撮影用の発光をします。
S2発光は2回目の発光に反応する仕組みなので、内蔵ストロボを使用する場合は、スレーブ側のストロボの設定をS2にします
たまに、ストロボの認識がずれて、ストロボは光っているのに、撮影に反映されない場合があります。これは、何らかの発光で認識がずれて、1回目の発光を2回目の発光だとストロボが認識しているからです。その場合はスレーブ側の電源を一度切ってみたり設定をS1にした後にS2に戻してみたりしてください。

これで今回のおさらいは終了です。今回行った事の工夫で、商品や小物は必ず綺麗に撮れます。
この応用で、もっと大きなものを綺麗に撮ることも可能です。まずは家にある小さな物や、喫茶店などでコーヒーカップとかを撮りながら練習してみてください。
皆さま、お疲れさまでした。

---------------------------------------------------------------
☆同じ講座を受講希望の場合は、何人か募った場合行うことが出来ます。一人だけの場合も相談にのります。
興味のある方はご連絡ください。
連絡先:090-7377-8618
サロン薔薇と迷宮
月影詩歩

関連

posted by 薔薇迷写真部 at 00:15| Comment(0) | 活動報告

2018年10月21日

ストロボで遊んでみる回 活動報告

今回は、ストロボで遊んでみる回でした。
ストロボ2灯による撮影や、バウンスや、内蔵ストロボを使ったテクニックを行ってみました。
IMGP1172.jpg
(PENTAX Q-s1/01 STANDARD PRIME)
Mさんの撮影、今回のモデルは、コボウシインコの緑山さんでした。
動き回る被写体で大変でしたが、細部まで上手く撮れたと思います。

IMGP1172_.jpg
顔の部分をトリミング。
毛の一本一本まで撮れています。
今回使ったテクニックは、外部ストロボが最低1つは必要ですが、正面から強い影を消すテクニックは、内蔵ストロボでも可能です。
日中の日なたで試してみてください。

IMGP4529-1.jpg
(PENTAX K-30/SMC PENTAX-DA 35mm F2.8 MACRO Limited)
Nさんの撮影した緑山さんです。
目に合わせて撮ってみましょうという設定ですが、若干ずれてしまいました。
それでも、一眼レフ初めての初心者としては良く撮れていると思います。
APS-Cぐらいのフォーマットになると被写界深度が浅いので、頭の前後する動きに注意して撮影してみましょう。

IMGP4529-2.jpg
部分のトリミングです。
とても綺麗に撮れてますね。
もし興味がありましたら、また試しに撮ってみてください。

皆さま
お疲れ様でした。


posted by 薔薇迷写真部 at 23:29| Comment(0) | 活動報告

2018年08月12日

或る夜 よみがえる夢想曲

写真部ではないんですが、当方が講師をしてる某絵画教室の受講生の展覧会を、薔薇と迷宮にて行っていたわけですが、ラストイベントとして音楽イベントがありました。
なので、とりあえずなんですが、記念として写真を撮りました。
そういえば、イベント写真撮るのも久々です。とはいいましても、迷惑なので少数しか撮っておりませんが・・

PK1N0772.jpg
(PENTAX K-1/Samyang 35mm F1.4 as umc/撮影者:部長)
三味線を弾いていた朝薫さんの後ろ姿です。お客さん大勢来られました。これならボケボケで誰が写っているか分かりませんね。なので無編集。

PK1N0788.jpg
(PENTAX K-1/Samyang 35mm F1.4 as umc/撮影者:部長)
アコーディオンを弾ていた、ゆっきーさんです。
なんかよい味出してました。

PK1N0796.jpg
(PENTAX K-1/Samyang 35mm F1.4 as umc/撮影者:部長)
今日は、他の部員が来ていないため、一人写真部でありました。
けど皆様お疲れさまでした。

posted by 薔薇迷写真部 at 01:52| Comment(0) | 活動報告

2018年08月03日

Mモードで撮影してみましょうの回

IMGP1055_.jpg
撮影者:Mさん

PK1N0703.jpg
今日は、とりあえず、Mモードで撮影してみましょうの回でした。

PK1N0705.jpg
この中で重要なのは、この絞りという機構です。
これを閉じていくほど、深くピントが合います。逆に開くとピントは浅くなるので、ボケが多くなりましたよね?

DSC01470.JPG
とりあえず、このくらいの設定で撮ってみます。

DSC01471.JPG
絞り(F値)を絞ってみますと暗くなりました。この時ピントが合って見える深さが深くなっています。

DSC01472.JPG
isoとF値そのままでシャッタースピードを下げてみると、明るさが戻ってきました。

DSC01473.JPG
そのままだとあまりにもシャッタースピードが遅いため、シャッタースピードとiso感度を上げてみました。
これで被写界深度と画面の明るさが両立しましたが、isoを上げすぎているため、ノイズが出て画質が劣化することになります。
こういった状況下で最善の選択を、この三つの値の操作で選びます。色々試してみてください。


つづき
posted by 薔薇迷写真部 at 02:38| Comment(0) | 活動報告

2017年07月03日

夜の福山市街 徘徊

DSC01576.JPG
(SONY α7U/Super-Multi-Coated Takumar 24mm F3.5/撮影者:部長)
今回は、夜中の福山市街徘徊でありました。
とは言いましても、実は土曜日は夜市がありまして、人がわんさかいるわけです。
なんですが、あえて人のいない方向へ・・
まぁ人の多いところで、でかいカメラを振り回すというのも迷惑極まりないので、少し歩くことに。

MF__9737.jpg
(PENTAX K-5U/SMC PENTAX-DA 50mm F1.8/撮影者:N.Dさん)
大黒町であります。ここで、はっとなりましたが、お年寄りが歩いているルートにオーブ?が・・
当部初の心霊現象といいますか、記念すべき心霊写真のようなものに歓喜であります。

DSC01875.JPG
(SONY DSC HX 90V/撮影者:N.Oさん)
薔薇の街福山らしく、薔薇の花も咲いておりました。
配色としても日の丸構図で、モロにフラッシュ写真と分かるのもなかなか粋な感じであります。


つづき
posted by 薔薇迷写真部 at 02:31| Comment(0) | 活動報告

2017年05月29日

薔薇迷写真部 帝釈峡付近 行ってきました

DSC01550.JPG
(SONY α7U/SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO/撮影者:部長)
朝9時に集合後とりあえず帝釈峡に向かいました。
行きかけに今や珍し藁ぶき屋根の家がありましたので撮影・・下帝釈付近から少し上った山だったでしょうか・・

PK1N5704.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-DFA MACRO 100mm WR/撮影者:部長)
到着いたしました。

IMGP0278.jpg
(PENTAX Q-S1/02 standard zoom/撮影者:Mさん)
帝釈峡の神龍湖付近・・ここは沢山の橋がありまして、何度も渡ることになります。

SUNP0105.JPG
(HOLGA DIGITAL/撮影:ピアサーさん)
木が多く、大変に気分が良いです。
体調不良も治りました。

つづき
posted by 薔薇迷写真部 at 03:14| Comment(0) | 活動報告

2017年04月22日

薔薇迷写真部 鞆の浦 行脚報告

SUNP0084.jpg
(HOLGA DIGITAL/撮影:ピアサーさん)
薔薇迷写真部の活動報告・・撮影場所鞆の浦であります。
トイデジHOLGA DIGITALでの撮影でありますが、なにやら物々しい雰囲気が鞆の浦なのかどうなのか!?

PK_15305.jpg
(PENTAX K-1/TAMRON SP AF 70-200 F2.8/撮影者:部長)
何やら一人でブツブツと喋っていたおじさまです。話しかけると機嫌よく対応いただきました。
キマッていますね!

IMGP9739.jpg
(PENTAX K-r/SMC PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 ALU/撮影者:N.Oさん)
鞆の浦と言えば猫であります。
ここに鞆の浦で活動したという証拠写真が上がり、我々の活動が嘘ではないことを証明した一枚となります。

つづき
posted by 薔薇迷写真部 at 20:01| Comment(0) | 活動報告