2018年04月08日

安くて良いレンズ? TAMRON 17A

K_1P7102.JPG
(SD Quattro HにTAMRON 35-70mm F3.5 CF MACRO[17A])
今年に入ってから病気で入院してしまい、活動もしておりませんでした・・申し訳ありません・・
春になりましたし、そろそろ活動でもと考えまして、準備も兼ねて体力作りに励んでおります。

ところで、レンズ交換式のカメラ(一眼レフ、ミラーレス等)といえば写りに最も影響するものといえばレンズなわけですが、これがけっこう高価です。
では安くて良いものと考える方は多くいるとは思うのですが、写りの良いものと言えばだいたい高いと相場が決まっております。
自分のボディーと言いますと、ペンタックスやらシグマなわけで、レンズそのものは安めではあるのですが、それでも普通に考えて安いというわけでもありません・・あと、最近は撮影そのものをあまりしなくなったので、いよいよ高いものを買うのも気が引けて、主力で使うレンズと言いましても、これ以上更新していくのも何だかなぁ・・という感じになってきました。
で、最近のキレッキレのレンズなんですが、ばっちりピントがどこに決まっているのかも分かるようになってきました・・ボディーの高画素化とも関係があります。
というわけで、高画素ということですが、うちで一番画素ピッチの狭い機種は何かといえばSD Quattro Hです。だぶん・・
少し前は、低画素時代の設計だから、このレンズは、これ以上の画素は解像できないとかよく言われたものですが、そういうデジタルとは無縁の時代に作られたズームレンズではどうなのか?ということで、何年か前に500円で購入したタムロン17Aを使って撮影してみることにしました。
このレンズは、タムロンが80年代に出した、アダプトールUというマウント交換ができるレンズで、各社取り付けが可能というものでした。

SDQH1000.jpg
(SD Quattro H/TAMRON 35-70mm F3.5 CF MACRO[17A])
体力的な問題で、三脚めんどうくさいので、手持ち撮影となります・・あまり参考にならないかもしれませんが・・
というわけで、山の上です。まだ寒いです。
たしか、手前の木にピントを合わせたような気がします。絞りはF8ぐらいでしょうか・・画面左側に若干の緑かぶりがあるようにも見えます。これはフォビオンセンサーの特徴でして、最適化されていない、特に高角レンズではよく出る現象です。
ズームは35mmに合わせていましたので、このレンズとては高角側なのでこの現象が起きています。ちなみに、単焦点のタクマー35mm f3.5だと、もっと緑かぶりします。普通のベイヤーセンサーでは、この現象は起きませんので、ご安心ください。
それよりはデジタル向けだと言えるかもしれませんね。
手前の木にピントを合わせたのですが、そこそこ解像しているように見えます。周辺は甘いですね・・APS-cまででしょうか?
画面をクリックすると、拡大します。等倍ということになります。

つづき
posted by 薔薇と迷宮友の会 at 20:55| Comment(0) | 部長の独り言

2017年10月23日

DiMAGE Aシリーズとα7シリーズ

PICT0029.jpg
(DiMAGE A1)
今年の秋は雨がよく降りますね・・
というわけで、出かけることもできず、運動不足になる一方なんですが、台風が来た後、やっと晴れたわけです。
というわけで、少々歩こうと思うわけですが、最近はイノシシが出るからか、柵などがあって、山とかに侵入しにくくなってしまいました。
ということで近所の公園の裏山にのぼってみました。
手入れされていて、これといって何も無いわけですが、キノコなどは生えています。食えるのかどうかは知りません・・
で、何で撮れば良いんだろうかな?と思うわけですが、マクロ撮影が得意なカメラが好ましいのは間違いありません。
で、持ち出したのがこれ・・
今は(カメラ部門は)無き、コニカミノルタのDiMAGE A1・・昔はけっこう凄いスペックのカメラだったようですが、今ではスマホ以下の性能かもしれませんね・・ちなみに2003年発売。
なんですが、フイルムカメラにとどめをさせた世代のカメラの一つでもあり、それなりに画質も期待できそうなもんです。
久々に見て思ったことですが、スペックはともかく、操作系や手振れ補正など、えらく現代的なカメラです。
特に操作系は下手な今のカメラよりも良く、機能は現代的な装備が満載で、これをレンズ交換できるようにして、センサーを大きくしたら、コニカミノルタを引きついだソニーのαシリーズ(Eマウントのほう)のようなカメラになるわけです。チルト可能なEVFなどはαシリーズよりも優れていて、非常に使いやすいのです。
このカメラの後継をずっと待っていたわけですが、個人的にはα7Uシリーズが一番使い勝手的に近いものだったわけです。
とは言いましても、α7Uの操作系はDiMAGE Aシリーズよりも劣る感じで、外部の操作系ではDiMAGEが圧倒してる感じです。とにかく使いやすい。しかしながら、古いだけに動作も遅く、各スペックで劣るわけで、当然ながらトータルではα7が使いやすいということになるのでしょう・・

DSC02012.JPG
(SONY α7U/Super-Multi-Coated Macro-Takumar 100mm F4)
付けてるレンズは古いですが、単焦点のマクロレンズ・・高倍率ズームのDiMAGE A1のミノルタGTレンズとは比較にならない画質を持つということになるでしょう・・オマケにセンサーサイズは135フルサイズ。DiMAGEの2/3型センサーとは比較にならない大きさです。
とはいえ欠点もあります。被写界深度が浅すぎるのです・・これはF8まで絞っています。DiMAGEはたしかF4.5かF5だったような・・低画素なので、小さいセンサーでも、このくらい絞ってもなんとか大丈夫な感じです。
とりあえずですが、山の中に入る場合は、今でもサブ機としてけっこう使えそうな気はしました。

つづき
posted by 薔薇と迷宮友の会 at 19:51| Comment(0) | 部長の独り言

2017年06月24日

M42マウント

SDQH0515.jpg
(SIGMA SD Quattro H/FUJINON 55mm F1.8)
個人的にですが、マウントといえばM42マウントが好きです。
理由は簡単なことですが、これを持っていれば、だいたい物が撮れることと、ほとんどのマウントに付いてしまうことです。
いわゆるマウントアダプターなる物があれば、何にでもつくのであり、そういう面では一番苦労しないマウントということです。
あと一番沢山出しているのがPENTAXというか旭光学で、基本的に小型です。金属製なので軽量とも言えないかもしれませんが、わりと小さなバッグに沢山レンズが入ります。
というわけで、スポーツ写真を撮るでもない自分からすれば、一番使いやすいマウントで、更にはフィルムというか、撮像素子を自由に選べる上に、苦労もしないマウントがこれということになります。
マニュアルフォーカスで、ピントが滑らかに動くので、動画撮影にも使いやすいです。
欠点は、色がすぐに剥げることです。
大切に使っても、スクリューマウントなので、ネジの部分が使えば嫌でも剥げてしまいます。
ずっと使うつもりなので、それはそれでかまわないのですが・・
あと、金属製が多く、高級感はあるのですが、大きさの割にずっしりときます。
沢山バッグに入れると、かなり重くなってしまいます。
古いので、当然今のレンズより写りは落ちるのが多いです。
ただ、単焦点レンズを使う分には、ズームレンズよりは良く映る事が多いです。

PK1N6058.jpg
(PENTAX K-1/RELIANCE 300mm F5.6)
これは、いらんものが入っていますね・・すいません、仕事の移動中にちょろっと撮るだけなので、そのあたりは大雑把でありますが、滅多に使わない望遠レンズとなります。
RELIANCE 300mm F5.6とはマイナーなレンズですが、設計に無理が無く軽いです・・取柄はそれだけですが、使い物にならないレベルでもないです。色収差酷いですが・・
TマウントにM42マウントが付いてるので、Kマウント化も出来そうなレンズです。
とはいえ、このままのほうが楽ではあります。

K_1R4309.jpg
(PENTAX K-1/CHINON 500mm F8 ミラーレンズ)
これもTマウントにM42の構成です。
これは一本で5〜6本分持っている気分になる重量級です・・よほどに気合がなければ持ち歩けませんが、お気に入りの一本です。
ミラーレンズなので、とりあえず解像しません。
しかし、諧調が独特で、手放せません。

つづき
posted by 薔薇と迷宮友の会 at 20:09| Comment(0) | 部長の独り言