2019年02月24日

PaintShop Pro 2019 Ultimateを導入してみた


とりあえず、アドビ税を支払いたくないので、各ソフト、他社やフリーに移行中なわけですが、それでも数年前でもアドビの画像処理ソフトは優秀なわけです。
特に、Photoshopなどは十年前のものでも普通に使えますし、今後も特に苦労することはないでしょうと思うわけですが、競合他社も気になります。
そこで気になったのは、PaintShop Pro 2019 Ultimate、ホームページにも「皆様の声を反映した Photoshop に取って代わる究極のソフト」と書いてありました。
実際見てみると、少なくともフリーのGIMPよりは多機能で、Ultimateだと、PhotoMirage Express、Painter Essentials 6、 Perfectly Clear 3.5、Corel AfterShot 3 等のコーレルの簡易版ソフトが同梱なわけで、機能的にはPhotoshopを圧倒しているとも言えます。
ですが、こういったソフトについて色々と思うのは、見易さや使い勝手であって、多機能はそれほど重用ではないということもあるかもしれません。というのも、既にどれも多機能で、2D編集に至っては、もうやれることは少ないといった感じです。
昔、PaintShop Proを使っていたことはありますが、その当時は軽くて使いやすいソフトでした。確かバージョンは6だったでしょうか。
そのころとは異なり、RAWを扱えるようになっているのも特徴です。これはPhotoshopでも出来ることですが、対応表一覧にSIGMA sd Quattro Hが記入されているではありませんか!
誰もその事について触れていないので、気になって仕方がないわけです。
早速現像でもしてみます。

PSP_RAWラボ.jpg
X3FファイルからPaintShop Proに入ると、カメラRAWラボが開かれます。
なんだか触れるパラメーターが少ないようです。それでも取り込めたのはありがたいことですね。明るさやコントラストを変更したら、あとは通常のソフト内で処理してくれという感じでしょうか?

PSP_RAWラボ02.jpg
カメラやレンズについて標示されます。補正は自動で行われるようです。

しかし、なんだか違和感があるのですが、普段見ているシグマの絵とは、けっこう異なる感じです。要するに処理をまだ行っていない、まんまの画像が違うといった感じ。
パラメーターをいじったほうが良いでしょうか・・しかし、ここには落し穴が・・

画像4.jpg
カラー関係の補正を少しでも触ると、完全に色がおかしくなります。
明度に関しての補正は普通に出来ますが、X3Fファイルのカラーに関しては触らないほうがよさそうです。
元の画像は、触ったところで保存してしまったため、別画像で試してみました。
元の画像に戻すには、設定を撮影時に戻せば良いようです。

SPP01.jpg
ちなみに、こちらが純性ソフトSIGMA Photo proでのまんまの画像です。
なんと言いますか、以前から思っていますが、純正ソフトは、そのメーカーが提唱する画像が出てくるので、結局のところ処理しやすいのです。
以前LinuxでX3FファイルをRAW現像しようとしたことがありますが、色々と困難があり断念しました。
やはりフォビオンセンサーは物凄く特殊なのです。

SDQH0382 -PSP.jpg
カメラRAWラボでのまんまの写真は少し暗い感じでしたので、明るさだけ整えてみます。

SDQH0382 -PSP02.jpg
普通に出来ました。
細部を見てみましょうか。

SDQH0382 -PSPトリミング.jpg
細部等倍の切り取りです。
なんといいますか、フォビオンクワトロセンサーの何たるかが分かる画像です。色々と困った画像です。

SDQH0382.jpg
こちらは純正ソフトSIGMA Photo proでのまんまの画像です。SIGMAがどういった写真を出したいのかよく分かる画像ですね。

SDQH0382 -SPPトリミング_.jpg
上のPSPの画像では、四分割されているようなドットが上手くまとまっています。これは演算でごまかしているとも言えますが、結果良ければすべて良しとも言えますのでこれで良いのかと。
しかしながら演算は演算・・真の三層センサーではないことが分かってしまいました。

PSP_インターフェイス01.jpg

PaintShop ProのUI画面です。
ならばと、SIGMA Photo proから出力した16bit TIF画像を編集することにします。
普通にPhotoshopで出来ることは大体出来るようです。
と言いますか、これでもかというぐらい機能がてんこ盛りです。全部を使うことはないでしょう。
あと使用感はPhotoshopと色々と違いますし、慣れてしまったソフトから似たような事をするのは、けっこう辛いものがあります。これは、反対にPaintShop ProからPhotoshopに移行する場合も似たようなものだと思われます。
一つ便利な機能としては、画像の一括処理という機能があります。Photoshopのアクションでも可能ですが、こちらのほうが簡単かと思われます。これだけでも導入の価値ありですね。画像のサイズや、ファイル形式の変更ではとても便利な機能です。あと使える拡張子の多いこと。

SDQH0382_修正.jpg
とりあえず自動修正してみました。
パラメーターをいじった画像は、他の画像処理ソフトと似たようなものなので、とりあえず。
ネット等のアップでも喜ばれる明るめの画像になりました。
暗いのを好む当方としては、残念ですが、他人から受けた注文に使うには良さそうな機能ではあります。

付属ソフトも豊富です。

CASi.jpg
こちらは付属のCorel AfterShot 3の画面です。
proバージョンから色々な機能を省かれた簡易版といった感じでしょうか?気になるのはトーンカーブの項目が無いところですが、proバージョンにはあるようです。ただしプラグインの中にはトーン修正みたいなことができるものもありますので、細かく見ない場合は大体出来そうな雰囲気です。
とりあえずですが、RAW現像を含むならば、直接PaintShop Proから開くよりは、こちらから開いたほうが良いでしょう。もちろんPaintShop Proとの連携も可能です。
残念なことにSIGMAのX3F形式には対応していないようです。ただし、この形式に正式に対応しているソフトは無いようなので仕方のないことですが・・プラグインとしてはPhotoshop CCでは使えるようになったようですが。


COREL PaintShop Pro 2019 Ultimate

価格:13,394円
(2019/2/24 20:06時点)
感想(0件)



つづき
posted by 薔薇迷写真部 at 17:32| Comment(0) | 部長の独り言

2019年01月26日

SIGMA ZOOM 28-80mm F3.5-5.6mm HF MACRO ASPHERICAL

PK1N0022.jpg
何故か分かりませんが、当方の日記ブログの検索で、このSIGMA ZOOM 28-80mm F3.5-5.6mm MACROの検索が、やたらと多いことに気が付きました。
検索してくる方には、おそらくこのレンズが果たして使えるのか?とか改造ベースで考えている方も多いのではないかと予測します。
当方、デジカメからまともなカメラはデビューしたわけですが、始めた当初、最初に思ったのは、「レンズが高い!」でした。
正直、レンズが本体より高いって何なの?とか思ったわけです。
そんな中、よく見かけたレンズが、これの旧式だったと思うのですが、とにかく安かったように覚えています。
下手をすると、500円とかで手に入るわけで、これは買うしかないでしょう!
と何本か買いました。
その中のほとんどは、何らかの改造ベースとなって、その後破損してしまったりしたのですが、この最終型だけは、綺麗に残しておきました。
というのも、レアなSIGMA SAマウントだったからです。

PK1N0025.jpg
SIGMA SD Qattro Hに取り付けてみました。
なかなか似合っています。赤いラインが、なんちゃって高性能レンズのような感じに見えます。
個人的に、このレンズのデザインは好きなほうです。
28-80mmという焦点距離は、フルサイズ用の標準ズームであることを標しています。
SIGMA SAシリーズ等に付いてきた、いわゆるキットレンズの類で、だいたいそのくらいのビルドクオリティーといった感じです。
しかし何ですね・・フォビオンのような特殊なセンサーがあるならまだしも、フィルム時代に、あえてシグマのカメラを買っていた人もいるということですね。

PK1N0027.jpg
背景の色がいつもと違う?いえ、これ日本製だからです。一応赤は中華のイメージでしたので、青にしてみました。日本メーカーで、製造は中国とかどうしようかな・・まぁ青でいいか。
久々に付けて動かしてみたら、AFがビュンビュン音が鳴ります。中のゴムが、少し硬化してるんでしょうか?しばらく動かしてたら、音はうるさいながら、静かになりました。機械も、たまには動かしてやらないと壊れてしまいますよね。
それにしても何ですね・・昔は日本でもこんな安いレンズが出ていたのに驚きです。実際の値段は知りませんが、日本製だけに中華よりは良いのでしょうか?それとも、やはり値段なり?

PK1N0032.jpg
被写界深度目盛が付いています。しかし、これでは広角ぐらいしか分からんのです。
左側にマクロ用のスイッチがありまして、80mmでハーフマクロ撮影が可能となっています。中の部品を少し加工することで、全域マクロも可能です。
ですが、ホコリが入りやすくなるので、長く使うなら、やめておいたほうが良いかもしれません。
けっこう初心者でも、何でも撮影できるよう、便利な作りになっています。

PK1N0041.jpg
なんと、この型は花形フードが付属しております。
しかし、なんだかしょぼいですね・・もう少し大きくても良さそうなバランスです。
今回、初めてSIGMA SD Qattro Hに付けてみたのですが、大きさのバランスは非常に良いですね。デジタルのことを考えると、これは本当にフルサイズ用なのか?と思ってしまいます。
APS-Cのキットレンズを付けているような感じで、今や、シグマでこのような軽くてお手軽なレンズは無いのです。

さて、撮影でもしてみましょう。

SDQH0479.jpg
(SIGMA SD Qattro H/SIGMA ZOOM 28-80mm F3.5-5.6mm HF MACRO ASPHERICAL[絞りF8])
ぱっと見悪くありません。広角側での撮影です。中央の解像は、なかなかのものです。
もちろん、カメラのセンサーサイズがAPS-Hなわけで、中央がトリミングされた状態になっています。
コントラストも悪くないような気がします。 SD Qattroそのものがコントラスト高い絵になってしまうので、分からないといえばそうなのですが・・

《新品》 SIGMA (シグマ) sd Quattro[ ミラーレス一眼カメラ | デジタル一眼カメラ | デジタルカメラ ][小型軽量レンズ交換式カメラ特集]【KK9N0D18P】

価格:64,260円
(2019/2/17 01:06時点)
感想(0件)


つづき
posted by 薔薇迷写真部 at 20:45| Comment(0) | 部長の独り言

2019年01月18日

中一光学 FREEWALKER 20mm F2.0 SUPER MACRO 4-4.5:1

PK1N0004.jpg
ZHONG YI OPTICS FREEWALKER 20mm F2.0 SUPER MACRO 4-4.5:1
というわけで、4〜4.5倍のマクロ撮影ができる中華レンズです。
当方としては、かなりメジャーな中華レンズのチョイスかもしれません。
たぶんですが、中一光学は、中国では最も有名な光学メーカーのような気がします。
個人的には、LAOWAのほうが、本格的なような気がしますが、老舗という意味では、この中一光学ということになるのかもしれません。
日本の三竹光学とも関係があって、日本の息のかかったメーカーでもあります。
一般的な中華レンズには、既にお腹いっぱいなため、使用用途が著しく限られるこのレンズに着目してみました。
商品の内容ですが、箱と、保証書と、レンズ本体と、しわくちゃなビニール袋だけでした。説明書はありません。
説明書が無いので説明しますと、カメラの設定で、レンズが無くても撮影を許可する必要があります。メーカーによって書き方が違いますが、それぞれ調べてみてください。
PENTAXだと、絞りリングの使用を許可、SONYだと、レンズなしレリーズを許可等の項目があります。
カメラがシャッターを切らなくても、故障ではありませんので、慌てなくても大丈夫です。

PK1N0005.jpg
ZUIKO AUTO-MACRO 20mm F2にとてもよく似ています。
前玉は非常に小さく、普通のレンズの後玉のようです。
この姿を見て思う人は多いかと思いますが、普通の単焦点レンズにリバースリングを付けているのにも似ています。
原理としては似たようなもんだろうと思います。画質も、補正レンズ系が、構造上少ないので、似たようなもんである可能性もあるかと思います。
このレンズは安価ですが、より高価なLAOWA 25mm F2.8 2.5-5X ULTRA MACROのほうが、現代的な設計だと思われる分、ずっと高画質な可能性が高いと思われます。
ただ、LAOWAは高価なため、こういったレンズの使用率の高い人向けのような気がします。
たまに撮るのであれば、これでも代用はきくかもしれません。

PK1N0009.jpg
これでは見えませんが、後玉は、奥のほうにあります。前方の小さなユニットの中に小さなレンズ群があるといった感じです。
当然ながら、電子接点はありません。
これは、PENTAX Kマウント仕様となります。

PK1N0010.jpg
絞りはF2〜F16まで。
しかしながら、その絞りの明るさは確保されません。その拡大率から非常に暗くなります。基本的には、ミラーレス機のほうが使いやすいのではないかと思われますが、レフ用を購入すれば、マウントアダプターで両方使えるということになります。
鏡筒の質感は良く、このレンズの価格の大半は、この部分に使われているのではないかと思うぐらいです。

PK1N0012.jpg
絞り羽根は3枚しかないため、絞ると三角形になってしまいます。小さなビデオカメラのような絞りですが、玉ボケを楽しむようなレンズではないため、これで十分と言えば十分です。

PK1N0017.jpg
SIGMA sd Quattro HにFREEWALKER 20mm F2.0 SUPER MACRO (PENTAX Kマウント用)を取り付けてみます。
SIGMA sd Quattro Hは、KマウントベースのSAマウントなため、こういったレンズは付けることができます。
このような全群繰り出しのレンズであれば、画質の劣化もありません。
無限遠がある普通のレンズだと、標準域からでなければ使いにくいですが、中一光学のCREATORシリーズならば、普通に使えるのではないかと思っています。無限遠はずれてしまいますが、合わせることは可能です。
85mmや135mmを付けてみたいという衝動にかられますが、やめておきます。
ですが、マウントアダプター経由で他のミラーレスにも使えるため、無駄になるということはないとは思いますが。。

PK1N0018.jpg
前方のユニットを伸ばしてみた様子。
これを伸ばすことで、撮影倍率が上がります。
ヘリコイドマクロアダプター等と同じような原理ですね。

さて、撮影してみましょう。

SDQH0454_.jpg
(SIGMA sd Quattro H/中一光学 FREEWALKER 20mm F2.0 SUPER MACRO(絞りF8))
よく分からない謎の昆虫です。
今は冬なため、撮影しようにも、昆虫は非常に少なく、やっとのことで見つけました。
おそらく、大きさは1mmほど。とても小さいです。ひまわりの種の上に乗っています。
色々とアップされている画像を見て思いましたが、やはり色々な収差の補正ができていないようです。
あと解像感も足りませんが、普通のレンズをリバースするよりは、いくらか画質は良いかもしれません。あと拡大率も大きいです。もちろん、接写リングで同じような撮影は可能かもしれませんが、一応専用設計のこちらに分があるのではないかと思われます。

中一光学 カメラレンズ FREEWAKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1【ペンタックスKマウント】 (FREEWALKERF20PK)

価格:19,483円
(2019/2/17 00:00時点)
感想(0件)



つづき
posted by 薔薇迷写真部 at 00:20| Comment(0) | 部長の独り言

2019年01月04日

あけましておめでとうございます

SDQH0248.jpg
(SIGMA SD QUATTRO H/SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO)
あけましておめでとうございます。
今年こそは、気合を入れて写真も撮ろうと意気込み、正月3日目でやっとシャッターまともに切りました。
ハトの住処になっている、謎の集合住宅です。人は住んでいないようです。外から見ても分かるのですが、中身はゴミだらけ。片付け無しで、皆出ていったのでしょうか?
中に入りたい気分ですが、たぶん入ってはいけないんでしょうね。

SDQH0245.jpg
(SIGMA SD QUATTRO H/SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO)
ハトは換気扇の穴から部屋に侵入しています。部屋の中を飛び回っているようで、シュールではあります。

PK1N0010.jpg
(PENTAX K-1/SAMYANG 14mm F2.8)
夜中に、もう一度行ってみました。
中に入るのは、少し怖いですね。
外から撮影。
オリオン座がはっきりと見えます。

PK1N0014.jpg
(PENTAX K-1/SAMYANG 14mm F2.8)
二枚とも、リアルレゾリューションモードを使用して撮っているのですが、リアレゾで撮影すると、若干星が見えなくなるようです。標準モードで撮ったほうが良さそうですね。
ただ、一度試してみたかったのでリアレゾ撮影です。
一つ良い点なんですが、ダイナミックレンジと高感度はかなり良くなるようです。
次に夜間撮影する時は、普通のモードで撮ってみます。

ここ最近撮影とかしていないので、近日中に何か撮りに行きたいと思ってる最中です。

《新品》PENTAX(ペンタックス)K-1 Mark II ボディ[ デジタル一眼レフカメラ | デジタル一眼カメラ | デジタルカメラ ]【KK9N0D18P】

価格:225,480円
(2019/2/17 01:14時点)
感想(0件)


posted by 薔薇迷写真部 at 03:31| Comment(0) | 部長の独り言

2018年12月20日

チェキで多灯+多重露光撮影してみる

PK1N0024_.jpg
(MiNT Instant Flex TL70 2.0)
MiNT Instant Flex TL70 2.0には、内蔵ストロボが付いているので、これを利用して多灯撮影が可能だろうと、試しにやってみました。
結論を言いますと、工夫は必要ですが、可能という感じです。
これは、写真の写真なので、はっきりしませんが、かなりキレの良い写真が撮れました。
これは、なかなか使えそうです。
問題もあります。
まず、MiNT Instant Flex TL70 2.0には、マニュアルモードが無いということ、あとフラッシュ光量を調節できないことです。
これを理解してやれば、F16~F22ぐらいで、比較的綺麗に撮れるようです。
もう少し工夫が必要そうですが、何か面白い事を思いついたらやってみようかと思います。

PK1N0002_.jpg
(MiNT Instant Flex TL70 2.0)
デジカメと違って、ホワイトバランスが無いので、ストロボにフィルターをかけてやると効果的に撮れます。
はっきり言って、デジカメとは比較にならない手間がかかりますが、デジカメよりもはるかに面白いのも事実です。
試し撮りは無しで、これまでの経験から、どういう写真が撮れるかを計算して撮るのが面白いのです。

PK1N0003_.jpg
(MiNT Instant Flex TL70 2.0)


ビーハーフ MiNT 二眼レフインスタントカメラ InstaxFlex TL70 (INSTANTFLEXTL70)

価格:53,773円
(2019/2/17 01:20時点)
感想(0件)


posted by 薔薇迷写真部 at 00:04| Comment(0) | 部長の独り言

2018年12月18日

写真部せねば・・

PK1N0001_.jpg
(MiNT Instant Flex TL70 2.0)

薔薇迷写真部とか言いながら、ここ最近忙しすぎて、部活ができていないのが実情・・
ですが、やる気はありますので、何人か募ればやる予定。
福山には、ジルバという面白いスナックがあるのですが、個人的には、そこに行ってみたいと思っている最中。
で、自分は何をやっているかと言えば、相変わらずインスタ映えとかしそうにない写真を撮ったりしております。
といいますか、そういうのは大勢の方々がやっておりますので、当方ごときがする意味もないと思っているわけです。
ですが、ハードル高いと思われがちなのも事実。
どこか面白い事でもないかなぁ・・
年間行事には興味が無いのですが、紅葉でも撮りに行くべきだったのでしょうか?
とりあえず、薔薇と迷宮で忘年会が22日にありますので、そこで相談でしょうか・・

posted by 薔薇迷写真部 at 19:48| Comment(0) | 部長の独り言

2018年12月05日

Neewer カメラビデオ三脚用3WAY雲台

PK1N0019.jpg
Neewer カメラビデオ三脚用3WAY雲台
なんと言いますか、雲台です。
雲台には困っていないのですが、愛用のベルボンやスリックが小汚くなってきたのと、中華のトラベル三脚の自由雲台と交換できる、安価な雲台として購入しました。
中華三脚は、アマゾンベーシックのビデオ三脚と、名前の分からない軽装時代と書かれたトラベル三脚の二つ所有です。
これらは、非常に安価で、どちらも5000円以下だったのですが、予想外に良く、手荒に扱う道具だし、中華でも十分じゃないか?と思い始め、とりあえずの3WAY雲台を購入。
最初に箱から出した印象ですが、「予想外に良い」でした。
Neewerの撮影用機材は、コストパフォーマンスが非常に高いので、映像制作で物量作戦をとるときなど重宝しております。
値段に対しての価値に関しては、非常に信頼しているメーカーで、短期間で大量の資材を投入したこともあります。例えば映画製作等。

PK1N0025.jpg
とりあえず組んでみました。
まず最初に思った事ですが、グリスの感じなのか、各所が、ビデオ雲台のように滑らかに動くという感想です。
ここでビビッときたのですが、これってスチルとビデオ、両方使えるんじゃあるまいか?と思ったわけです。というか名前もNeewer カメラビデオ三脚用3WAY雲台
もちろん、このNeewerの雲台は、形状的に、説明を見ても、基本スチル用として売られているわけですが、シュープレートが付いている方向を見ても、ビデオに向いている方向でもあります。
もちろん、グリスの粘性がある間の仕様ということになるでしょうが、外観からして六角レンチで簡単にメンテナンスも出来そうな雰囲気。
スチルだと縦撮りもあるので、横方向に付けたほうが撮りやすそうです。
今まで、スチルビデオ共用の安物といえば、動きが完全にスチル用で、スカスカなものが多く、ビデオ撮影にはつらいものが多かったのですが、これは違うかもしれません。

PK1N0026.jpg
3000円程度と安価な雲台ですが、一応水準器も付いています。
ですが、最近、カメラに水準器が付いていて、そちらのほうが正確なので、ほとんど使うことは無いかもしれません。二眼レフチェキを使うときぐらいでしょうかね?
こういう機材って基本、頑丈さと重さ、あと使いやすさが、機能のほとんどを占めると思うのですが、少なくとも、重さ以外の点は抑えている感じ。
でも三脚って重いほうが良いこともあるし、用途色々ですね。

PK1N0028.jpg
シュープレートの裏側です。
このつまみは少々頼りないですが、壊れるまでは使えるでしょうし、一応溝がありますので、壊れても使えるでしょう。

PK1N0034.jpg
インコのとまり木としても十分機能します。
外側に、ウレタンやゴムパーツが少ないため、かじられる心配が少ないのも良いですね。

つづき
posted by 薔薇迷写真部 at 18:02| Comment(0) | 部長の独り言

2018年12月04日

Amazonベーシック 170cm(67インチ) ビデオカメラ用三脚 バッグ付き

DSC07673.JPG
アマゾンベーシック 170cm ビデオカメラ用三脚 バッグ付き です。

最近、こういった安物に非常に興味がありまして、といいますか、当方、そもそも映像作家(アニメーション寄り)なので、こちらに割くお金が無いもので、コスパ重視で機材は選びたいと思っております。
あと、田舎の宿命なのか、広く浅く何でも出来ないといけないという感じで、分業のような感じにはなっていないのが実情。
とか言い訳をしていますが、実際のところビデオ三脚は普通に持っております。。
単純に、この価格帯のものがどのくらいのレベルなのかに興味がありました。
あと、三脚そのものは、けっこう沢山あっても困らないのです。
雲台次第で様変わりしますし。
で、この商品の中で興味があったのは三脚の足の部分と、ショルダーの袋でしょうか。

宅配業者から受け取った時の印象は、「重っ!」という感想です。
はい、重いです。昔の三脚みたいです。
で、中身を見ての感想は、「これは予想外に良いものだ」というものでした。
袋だけで2000円払っても良いという感想で三脚そのものも5000円は払っても良いでしょう。雲台は・・
で、総額は3800円ほど。高い時と安い時があるので注意が必要です。8000円以上することもあります。
どうやら、もっと安かった時代があるようですが、それから型が変わってはいるようです。

DSC07674.JPG
雲台は、筋トレできるぐらいの重量があります。これにレバーを付けて持ち上げれば、手首も鍛えられそうですね。筋トレ用としては、なかなか優秀な雲台です。
ではビデオカメラに使うならどうか?と言われますと、?という感じもします。
見た目は立派で、一見良いものに見えるのですが、どうやら油圧式では無さそうで、動かすのには工夫が必要そうです。分解して、各所にグリスなど塗ったら、もしかしたら使いやすくなるかもしれませんが、動きは滑らかではないといういか、少々残念な動きをします。
しかし、置物や筋トレ用に使うのも何ですから、そのうち良い使用方法を考えてみたいところです。
もちろん置きっぱなしの撮影ならば何ら問題はありません。機材運びは重くなりますが・・

DSC07676.JPG
カメラ三脚に取り付けるために、何年か前に購入したベルボンのビデオ雲台を取り付けてみました。
雲台の取り付けねじは3/8インチで、中華は、このサイズが多いです。比較的小さな、トラベル三脚なんかもそういうのが多いですね。1/4インチタイプ固定のものは付きませんので注意が必要です。日本のは1/4サイズが基本的に多いと思いますが・・
所有のカメラの三脚はカーボン製で軽すぎるので、使っていると足が上がってしまう難がありましたし、重りを付けても、なんか使いづらいという印象がありましたが、大きすぎず小さすぎずで、重さも適度、やはり動画撮影にはこのくらいの重さは欲しいです。見た目のバランスも良いですし、これはかなり使いやすそうです。というか、これをしたかったのです。
強度も、なかなかありそうで、これは良いものだと思いました。
この三脚にスチルカメラ用雲台も取り付けてみましたが、レリーズが付けられない MiNT Instant Flex TL70 2.0 でもしっかり固定して、ぶれのない撮影が出来ました。
三脚部分と袋だけでも価値がありますし、雲台が余っている方は買いかもしれませんね。もしくは、カスタマイズして使う方。
雲台を付けたままでも袋に入りますし、やる気が出てまいりました。
次に動画撮影の仕事が入ったら、これを使ってみようかと思います。

posted by 薔薇迷写真部 at 19:43| Comment(0) | 部長の独り言