2019年05月20日

アラン・パットン live 2019 はらぐろいきんぱつツアー

received_358239901556027.jpeg
アラン・パットン live 2019 はらぐろいきんぱつツアー
2019/7/4(木)
19時半開場 20時スタート
前売り¥2,000 当日¥2,200+1ドリンク

サロン薔薇と迷宮 広島県福山市東桜8-2      マルイビル一階
  電話1(プッシュホン)      090-7377-8618

5692.jpg
最近、ファミリーマートのファミチキのCMでもお馴染みの、アラン・パットンさんのライブを薔薇と迷宮で行います!
薔薇迷では、すでに、お馴染みの方もおられるかと思いますが、ユニークでありながらも、もの悲しさまで漂う深い演奏と歌が魅力のミュージシャンと言いますかパフォマーでもあると思います。
また、アットホームな雰囲気づくりにも長けていて、とても素敵な空間も作り出せるステキな方でもあります!
あと、写真のように、動物大好きな方でもあります!
心優しいアランさんの歌とアコーディオンの演奏、皆さんも一緒に楽しんでみませんか!?

5696.jpg
アラン・パットン(アコーディオン、歌、クラリネット、ノコギリ、他)

プログレや東欧のロマ音楽をベースにさまざまな音や感覚をmixし、独自な世界を作る音楽家。カツラ・マズルカ、チガ・ジダンダ、チギリ・ホメリ、ヨタロウwithメトローマンスホテル等で活動しながらソロライブやコラボレートを行なう。レコーディングでは NINO TRINCA、KERA&戸川純、三上博史、犬山犬子、METROFARCE などのCDに参加。2005年松尾スズキのミュージカル『キレイ』に出演。2009 年劇団パパタラフマラのダンス芝居『PUNK DON QUIXOTE』の音楽を作曲や出演。2011 年から『こどもちゃれんじ』の音楽作りやレギュラー出演。2012 年タバマ企画『ワタシヲサスラウウタ』出演。2014年洋服の青山のCMでEXILEのTAKAHIROと共演。2015年串田和美の漂流劇『ひょっこりひょうたん島』に出演。2017年鈴木勝秀のミュージカル「パンク シャンソン」にて元宝塚水夏希と共演。イベントパフォーマーとして 2001 年からパーティ、デパート、学校、祭り、レストラン、遊園地、競馬場、クルーズなど全国のイベントにも参加しています。

興味のある方は是非月影までご一報ください!
ご予約は店頭かこちらのメッセージにて。
TEL:090-7377-8618 月影詩歩









posted by 薔薇迷写真部 at 00:50| Comment(0) | イベント・ライブ

2019年05月06日

【魔王と囚人】魔王xナカヒラミキヒト ライブ ありがとうございました

DSC07996_edit.jpg
【魔王と囚人】
魔王とナカヒラ ミキヒトの魔界で異界な何故かアットホームな音楽の夜
無事終了しました!
満員御礼!
多くの皆様、お忙しい中ありがとうございました!
今回のイベント名通りの、アットホームな会を、ナカヒラさんと魔王さんが、見事に演出してくれました。
ありがとうございます。

PK1N0004_edit_1.jpg
今回のナカヒラさんは、囚人服で参加、アルバムの表紙と同じ服装でした。
魔王さんが司会、お客さんの注文まで受けてくれていました。
とても人柄の良い二人なのです。
いや、ちょっとまて、魔王は果たして人なのか?  ・・考えないようにしよう・・

PK1N0107_edit.jpg
二人のパフォーマンスの相性はピッタリです。来年もまた来てくださいというお客様が沢山おられました。
ナカヒラさんの福山でのライブは、これで二回目ですが、じわじわと知名度を高めてきていると感じます。
とても、魅力のある方なので、次の機会がありましたら是非ご来場お願いいたします!
魔王さんも、また来ると言われてました。



PK1N0130_edit.jpg
イベントが終わった後ですが、お二人に、うちのインコたちを可愛がっていただきました。
お二人とも動物が大好きだそうです。
いや、この魔王さんが、ウロコインコのパキラを愛でる様子に、周りの方々も爆笑!
もう、すんごくノリノリだったので、インコも大喜びでした。

PK1N0144_edit_1.jpg
ナカヒラさんも、クールな感じでインコを手に乗せてくれました。
何だか手馴れた感じですね。
オオハナインコは、けっこう大変なわけですが・・

PK1N0140_edit.jpg
魔王さんにも、オオハナインコの花太郎は乗ったわけですが、角の部分を欲しがって、噛んでしましいました。
この時、「バキッ!」と音がなってしまったのですが、なぜか魔王さんは大喜び。逆に面白かったようです。

こんな感じの会だったわけですが、お客さんのご要望に応えていただいて、魔王のタピオカの歌を最後のほうに歌っていただきました。そちらの動画をアップしましたので、興味のある方は是非。









関連
ナカヒラミキヒト 「夜の穴」
posted by 薔薇迷写真部 at 07:03| Comment(0) | イベント・ライブ

2019年04月24日

【魔王と囚人】魔王とナカヒラミキヒトの魔界で異界な何故かアットホームな音楽の夜

DSC01232_edit.jpg
【魔王と囚人】
魔王とナカヒラ ミキヒトの魔界で異界な何故かアットホームな音楽の夜

5月5日 19時半開場 20時開演
サロン薔薇と迷宮にて
ご予約 1800円1ドリンクオーダー      
当日200円アップ


---------------------------------------------------------------------------------------

月影から一言

5月5日 今年のGWは連休が長すぎて結構な割合で県外出ずに引きこもりの方が多いそうですね顔1(うれしいカオ)きらきら猫 是非 引きこもりの皆さんは急遽決まりました、こちらへぜひお越しくださいませ✡️ご予約お待ちしています。

前回も好評でしたダンディでお人柄も良く、美意識の塊のようなナカヒラミキヒトさんのライヴに
魔王登場ということらしいです♪にこにこ
魔王さんはオーヴァーグラウンドからアンダーグラウンドまで引っ張りだこの方だそうです。
永瀬正敏の故寺山修司の天井桟敷に出演したり、浜崎あゆみのmvに出演したり、eテレ ムジカピッコリーノに出演したりファッション誌モデルからテレビ出演多数。
魔界のバーを主宰してたり、子供から大人までお茶の間から魔界まで幅広く活躍中。

月影詩歩

2864.jpg
司会:魔王
永瀬正敏の故寺山修司の天井桟敷に出演したり、浜崎あゆみのmvに出演したり、eテレ ムジカピッコリーノに出演したりファッション誌モデルからテレビ出演多数。
魔界のバーを主宰してたり、子供から大人までお茶の間から魔界まで幅広く活躍中。

『混沌としたこの地球に魔界からの使者”魔王”君臨。常に謎の人物としてストリートを賑わす”魔王”。
人間から愛されるちょっと怖くてちょっとお茶目な彼。人間以上に人間味溢れる魔王をお楽しみ下さい。
魔界の扉が今。。。開く。。。』

PK1N0002.jpg
演奏:ナカヒラ ミキヒト 【鉄のギターと歌】
味わい深いオリジナル曲と、独自の解釈でアレンジされたカバー曲を交えて、一度聴いたら忘れられない鋼の唄声とともに独特な世界を表現するシンガーソングライター。
都内のバーを転々としてきた後、現在はオリジナル曲を中心に弾き語りやバンド編成にてバーやライブハウス、ギャラリー、舞台やストリップ小屋などでも活動中。
芝居、踊り、映像、絵画、造形など様々なアートとのコラボレーションによる表現活動もおこなっている。
2012年に「夜の囚人」を、2015年に「夜明けの晩」をリリース。

2887.jpg




関連

《Facebook》

《YouTube》
私を月まで連れていって

チムチムチェリー


---------------------------------------------------------------------------------------

ご予約は店頭かこちらのメッセージにて。
TEL:090-7377-8618  月影







関連



posted by 薔薇迷写真部 at 19:49| Comment(0) | イベント・ライブ

2019年03月15日

ナカヒラ ミキヒト 「夜の穴」

DSC01232_edit_2.jpg
先日、3月14日は、ナカヒラ ミキヒトさんのライブでありました。
しゃがれ声の、渋いライブでした。
昨年、ライブを行った、アラン・パットンさん(今、ファミチキのCMで演奏されてる方)のご紹介で、突如決まったライブです。




こちら、ライブの様子と言いますか、ナカヒラさんが、アンコールの後歌われた歌の収録ということになります。
写真部なので、機材について申し上げると、動画は NEX-6/MEIKE 25mm F1.8 およびNEX-VG20/七工匠 7Artisans 12mm F2.8 で写真はPENTAX K-1/Samyang 35mm F1.4 as umc という構成になります。
とりあえず、ネット上にアップということになると、個人的には、このくらいの性能でも十分以上という結論に至っております。




PK1N0002.jpg
ナカヒラさんの、このあたりのライブは初めてということなので、皆様、応援よろしくお願い致します!





posted by 薔薇迷写真部 at 17:07| Comment(0) | イベント・ライブ